彫刻科 入直後半戦へ!

こんにちは。彫刻科の小川原です。入試直前講座が本格的に始動し、1ヶ月が過ぎました。私大対策も終わり、全員で芸大に集中していく流れに乗りましたね!ここからが正念場です。気合を入れていきましょう!

それではこの2週間での優秀作品をの一部を紹介します。
まずは昼間部生の作品です。


明解に形を感じるデッサンになっています!更に顔を似せられると完璧です!


逆光の迫力がとても良いです。髪の部分はやや追い方の単位が大きいのでもう少し密度が上げられると良いです。

現役生の作品です。

奴隷は顔が難しかったりしますがカチッと似せられていてとても良いです。奥の脇腹がやや形になり切れていないので、そこさえできればこれ以上ない出来だと思います。

同じく現役生の作品です。
調子の幅が豊かで魅力的に仕上がっています。顔の印象もよく、作品から雑味が感じられないのが良いですね!伸びている側の体の張りがもっと出せると更に良いです。

昼間部生の作品です。
アムールの動きや形態感を意識して仕上げられたと思います。逆光側で反射光が少し白飛びしているところがあるのでそこが埋まってくると良いです。


難しい位置でしたがバッチリ捉えられています。顔の印象も良いですね!少しだけ手前の腕がスカッとしているので体のテイストに合わせていけるとなお良いです。


逆光の中での像の雰囲気がとてもよく捉えられています。手前の腕と脚の探りが短調で作品の質を下げているので気をつけましょう。


印象がとても良いです。正直かっこいいなと思いました。帯から落ちる影の表現が効いているなと思います。石膏の台座の円の関係はやや魚眼レンズでみた感じに歪んでいます。ここが惜しかった。


顔がほとんど見えないのですごく難しそうだなと思ってみていましたが、しっかりとヘルメスらしい印象を捉えてくれました。その中で更に帯と顔の隙間の空間が表現出来たらもっとすごいです。


石膏の白さを感じる作品に仕上がりました。丁寧な描写が魅力的です。形(印象)が正確で、光と陰の関係が自然で、その上で丁寧に描き切っていると魅力が出てきますね!


少しイレギュラーな切り方ではありますが、作品の中身が魅力的なのでむしろそれも個性的にさえ見えてきます。背景をもっと丁寧に消してくれるとそれだけで見栄えがよくなりそうです。


調子の質が魅力的です。独特な表現の強さがありますね!この人にしか描けないこの作品!という魅力は教授にも届くはずです!とにかく印象を正確に!!あとは大丈夫!


今年初めてにわとりを作りました!動きも自然で生命感が捉えられています!


鶏の印象を理解しながら進めていこうとする姿勢が感じられます!翼の部分だけシルエット的に浮いて見えるので全体を見て違和感がないか注意深く確認してください。


意外と顔が難しかったりしますが、とても似せられています。羽や羽毛の柔らかさも自然に表現出来ていてとても良いです。


堂々としたブルータスの印象が捉えられています!体の表現は特に素晴らしいです。顔をもう少し似せたいのと、この位置であったらなんと言っても胸鎖乳突筋の力強い張りをもっと拘りたいです。


塊を捉えてきました!まだ似た色が多いので、形に合わせて調子の幅が増えてくるとどんどんよくなります。顔が似せられていて良いですね!

現役生の作品です。

逆光は苦手でしたが、素直な表現が魅力的です。印象がとても良いです。更に個々の形が明解に表現できるようになってきたらいよいよですね!

同じく現役生の作品です。

少し構図は大き過ぎかなと言う印象ですが、ここまでやり切ってくるとそれはそれでいいよねって思えてくるから不思議です。今回は途中動きと構造に難がありました。意識的に気をつけましょう。

浪人生の作品です。
厚みを感じる表現が良いですね!顎下のラインは斜めに下がり気味かなと思います。もう少しすっきりしている印象ですね。顔に対して後頭部側はやや空気遠近法に逃げているところがあるのでもう少し形を追い込めると良いです。


丁寧な描写と顔の印象が良いです。おでこの黒がやや強いのか、そこだけ少し汚れて見えるので気をつけましょう。


ガツンとした塊感が魅力的な作品です!堂々とした言い切りがいいですね!

現役生の作品です。

とにかく顔が似ているのと、完成度の高さが素晴らしいです。大きく構図をとっていますが、やや向かって左側の形がそのままつなげていくと大きそうなので、切れるところは必ず紙を挟んで一回は描いてみてください。

同じく現役生の作品です。

印象よく全てのことをやり切ったと思います。完成度については課題ですが、こうしてやり切れれば魅力が出せる人なので、特に前半から中盤の仕事で精度を出して、落ち着いて描写と確認ができる時間が捻出できると良いです。

 

もう入試までわずかですね!まだまだ伸びるので、最後まで堂々と作品と向き合って成長していって欲しいです!最後に頼れるものは自分だけです。本番は一人ですが、後ろには一年間努力して学んできた「自分」がたくさん居て、その最先端が試験当日の自分なのです。だから今までやってきたことに自信とプライドを持って挑んで欲しいと思います!

2月23日、私大系デザイン工芸科&映像科の合格再現イベント。

私大系の主な試験日程は終了し、今年の受験も後期募集と国公立のを残すのみとなりました。コロナ禍の中での試験、特別な一年になりそうです。国公立を目指す人たちは、ここからラストスパートをかけていきましょう。まだ、伸びる時間はあります!

デザイン・工芸科夜間部です。

去年から武蔵美・多摩美の合格発表後すぐに合格者に入試合格再現を一気にやっていただき、合格体験イベントを同日に行うという最速入試再現公開イベントが行われています。なかなかハードなスケジュールでの合格再現イベントとなっていますが、来年の受験を控える人にとっては気になるイベントだと思います。

多摩美・武蔵美合格者再現発表&体験談
私大デザイン・映像科

どんな入試だったの?どんな作品が受かったの?

https://www.art-shinbi.com/event/20event-spring-special/taikendan/index.html

参加の申し込みを、お待ちしております。

去年のイベントの写真です。合格者に体験を語ってもらっています。

新美ギャラリーを使って、合格再現作品も展示されます。

今年はどんな再現作品が出てくるのか、楽しみです。

オンライン教育科

こんにちは。オンライン教育科です。https://www.art-shinbi.com/online/

ただいま2月ターム制作期間です。制作順調でしょうか?

 

先月末、第5回特別講義が行われました。

オンライン教育受講生のみを対象とした特別講義を1学期に2回行い、受講生の受験対策及びモチベーション維持に役立てることを目指しています。受験に関係しながらも、普段の講評ではできない題材を講義形式で扱います。

○鉛筆、木炭デッサンのプロセス解説

○ファインアートとデザインの違い

 

【おしらせ】

新美オンライン教育科春期講習会 3/21(日)〜3/28(日)

通常の春期講習会と並行して開催する、昨年度各講習会のアトリエ科主導ではない新美オンライン教育科のシステムトライアルを兼ねた春期講習会です。

開設コースは10コース。デッサンと、専門課題の2課題

オンライン教育科では、油絵、日本画、彫刻、デザイン、私立美大デザイン、工芸、映像、先端芸術表現、建築、デッサンの10講座を開講していきます。

オンライン教育科春期講習会の課題数は、デッサンと、専門課題の2課題です。講評はwebミーティングツールを利用したリアルタイム講評になります。作品のやりとりは全てオンライン上で行い、制作途中での質問などはメールや電話で随時受け付けながら、遠隔の受講生をサポートしていきます。

油絵:木炭デッサン、油彩

日本画:鉛筆デッサン、着彩

彫刻:木炭デッサン、塑造

デザイン(芸大):デッサン、平面構成

私立美大デザイン:デッサン、平面構成

工芸:デッサン、平面構成

映像:デッサン、感覚テスト

先端芸術表現:デッサンor小論、制作課題

建築:デッサン、総合表現

デッサン:デッサン、デッサン補習課題

 

近日中にwebにて、詳細ならびに申込ページをアップいたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

《基礎科》りんごがいっぱい

2020年が終わり2021年が始まり、あっという間に1月が終わってしまいました。
最後に書いたブログからだいぶ時間が経ってしまい、
自分がどんな文章の書き方をしていたのか忘れかけており
文章を確認したら、9月の終わりにも『あっという間』と言っていたので
いつも実はあっという間なのかもしれません。

基礎科講師デザイン科担当の名越敬真です。

あっという間といえば、去年基礎科で教えていた生徒さんたちも
あっという間に受験シーズンに突入していきました。
もうすでに私大の受験は終わってる科もちらほらと出てきています。
去年のこの頃に『まだ1年ある』と言っていたのが、遠い日のことのようです。

さて、基礎科はと言いますと、
先週の課題になりますが、恒例のそっくりりんご課題をやりました。
どうですかこのビジュアル。


この中に本物のりんごと作品のりんご(あと玉ねぎ)がまじってるんです!

毎年2週間かけてりんごをそっくりに仕上げるという課題を行なっています。
この課題を通して、形に対する意識と、色に対する意識、そして作品としての意識をグンとUPできるのです。

まずは形状。
まずは石膏粘土という粘土を使って作ります。
紙粘土よりももっとキメが細かい感じの素材です。
モチーフのりんごを並べてそっくりになるまで形を作っていきます。

そして最終的にツルツルになるまでやすります!
粘土感のある穴や凹凸などをしっかりフラットにしていきます。
意外とこれが重労働なんです。。。

その後、りんごの模様をよ〜く観察して同じ色になるように
パレットの上で色をしっかり作り、表情と同じように
筆で模様を描き込んでいきます。
(写真撮り忘れました。。)

2週間という期間机の上のりんごを観察し続けかなり大変だったと思いますが、
出来上がった作品たちはまさに圧巻です!!
どのりんごもしっかり美味しそうに本物と見間違えるかのような仕上がりになっています!

(作品を見てる様子が、林檎の選定士みたいですね。。)

普段は受験課題に近い課題をやっているので作品を作ってる意識というのはいまいち
沸きずらかったりしますが、こう言った完成がわかりやすい課題をやることで
「私は作品を作ってるんだぞ!」
という意識がどんどん芽生えてゆけば良いかなと思っています。

基礎科も今やっている課題を含めて残り3課題。
あっという間に4月からみんな受験科です。

とはいえ、大事なのは今よりも本番です。
本番のその日に体力もメンタルもモチベーションも技術も最高のところに
持っていければいいわけです。そのための今なわけですから。
あまり無理して疲れすぎないよう、自分のペースを理解しながら
日々過ごしていってくれればと思います。

ではでは

映像科:試験速報&イベント告知

こんにちは、映像科です。
早いもので映像科の教室で全体で行う授業は先週で終了。
今週は武蔵美映像学科や日芸の写真学科の試験があり、来週は日芸の映画学科の試験です。
今まさに試験期間の皆さんは、最後まで体調に気をつけて、本番でベストを尽くせるようにしましょう!

ちなみに昨日実施された武蔵美映像学科の感覚テストは「はるか遠くを見つめて」という文章がテーマ。
そして毎年講師の間で予想の対象となる小論文や鉛筆デッサンのモチーフは「亀の子束子(たわし)」だったそうです。
いずれも新美映像科の人たちはきっとばっちり書けた/描けたのではないでしょうか・・・!

そして告知です。
合格発表の後には2/23(火・祝)には「入試再現&座談会」が開催されます。映像科では昨年に続き、武蔵野美大の感覚テスト、小論文、鉛筆デッサンに加えて、東京造形大の発想力の再現を予定しています。
制作は公開ではないですが、制作後に合格者の座談会が予定されています。
次年度に美大の映像メディア系の受験を考えている人は、こちらに詳しく出ているので、見てみてください!