夏の過ごし方

ブログでは初めまして、新宿校基礎科の根本篤志と申します。
これからぽつぽつと記事を書くこともあるかと思うので、よろしくお願い致します。

基礎科もついに21日から夏期講習が始まりました。

初めての人は道具の事を知るチャンスに、専攻が決まってない人は専門課題の期間で色々な画材に触れるチャンスに、描いてきている人は普段より長い時間集中的に制作する事で飛躍的に精度をあげる時期に、どんな人にも対応できる先生が揃っているので、夏期講習でみんな一気に経験を積んでいきましょう。

今年受験の生徒も様々な新しいチャレンジができたり、今までにないきっかけを掴めたり、格段に伸びる時期でもあるので、たくさん制作をし、指導を聞き、実りのある夏にして欲しいと思います。

 

この夏期期間になって初めて朝からずっと毎日新美に来てとにかく制作する!という人も多いかと思います。私が油絵科の昼間部に通っていた時も、新美と家との往復の日々でとにかく毎日絵を描いていたものの、全然うまくいかず失敗の繰り返しで毎日毎日悔しい思いばかりしていた記憶があります。

そんな日々の中で大事なのは、休日や空き時間の使い方、集中力やモチベーションが落ちたときの過ごし方だと思っています。

例えば何か作品を見に行きたいと思った時は美術館やギャラリーの情報は以下のサイトで探すと便利です。こういうサイトを見てるだけでもテンションがあがりますよね。

「artscape」http://artscape.jp/
「TOKYO ART BEAT」http://www.tokyoartbeat.com/

他にも昼間部にいた時は休日は自転車で行ける範囲の古本屋を探して、画集探しをしたりしていました。
「東京の古本屋」http://www.kosho.ne.jp/map/map_index.html

 

普段生活している中でもふとしたところに、制作のヒントが落ちていたりします。


うまくいかな過ぎて放心状態で見ていた鯉の動きが絵になったり。


逃げ出して籠もったトイレの個室の反射した光が綺麗で絵になったり。


食べに行ったカレーの盛り付けが可愛くてそれが絵のヒントになったり。

例え、ミスドで3時間笑い話をしてただけの経験にもヒントがあったりすると思うし、もちろんメリハリは大事だけれど、どんな時でも制作のヒントを逃さないという、現実逃避や夢ですら絵になるかもしれないという24時間のアンテナを立て続ける事で、授業時間外の時間も別の形で制作のためにできることがあるはずです。

私自身も、制作が行き詰って近所を散歩する時も必ず絵の事を意識しながら散歩して写真を撮るようにしています。

 

どんなものでも、視点を変えれば制作の糧になる。今は糧にならなかったとしてもいつか糧になる日がくるかもしれません。

やはりどうしても落ち込んだり、次にどうしたらいいかわからなくなることはあります。そうすると誰でもどうしても気持ちは落ちてしまいます。

そういう時に、色々な事に目を向けて次のひと筆のヒントや、次に進みたいと思える道を無理矢理にでも探し出して、ちょっとでも次の日にやる事を明確にしておくと、次の日の朝からスルっと制作に入れるので良い感じです。

 

授業時間はどんな状況でもしっかり作品と向き合う、休む時はしっかり休むというメリハリはもちろん大事です。この夏に思いっきり旅行に行くという人もいると思います。それもきっとその時にしかできないことで、いつか制作の糧になるはずです。全ての時間を大切に、全力で過ごしているその事自体が、きっと作品をより良い方向に導いていくものだと思います。

どんな時間を過ごしていてもその時間を制作の糧にできるかどうかは自分次第です。

この夏の全てを濃厚な時間にして、良いリズムを作って、次へと繋げて行きたいですね。
共に頑張っていきましょう!!

最後に私事ですが、7月25日発売のアートコレクターズ8月号「ここが凄い!! 東京藝大」の特集内で名前と作品を載せていただいております。もし本屋にお立ち寄りの際は手に取って頂ければ幸いです。


芸大油画合格者に聞く

こんにちは油絵科の関口です。
暑い日が続いていますが、元気に制作していますか?暑さが苦手という人も、ちょっと気持ちを切り替えて「熱い」夏期講習にしていきましょう!
さて、今日は今年の芸大合格者、木村直人くんへのインタビューです。

関口:合格おめでとうございます。
木村:ありがとうございます。
関口:木村くんは確か2浪で芸大に受かったんだよね?
木村:はい。
関口:ところで出身高校は美術系?
木村:いえ、普通科の高校ですね。
関口:最初に新美に来たのはいつぐらいだったのかな?
木村:高校一年生の終わりに1日体験に来ました。まだ最初は油絵とかデザインとか決まっていない状態でした。そのあと基礎科に入って、とりあえずデザインをやっていたんですけど、先生と話をしている内に「もしかしたら油の方が向いてるんじゃない?」って言われて、夜間部は油絵科の方に進むことになりました。
最初、自由に描ける事自体は楽しかったですけど、本当に自分に合っているのか?とか、これで良いのか?とかまでは分からなかったんです。
でも浪人してから「表現にも色んな幅があるんだ」とか「自分の性に合っているな〜」という事が分かってきたんですね。それに気付いてからは、もうずーっと楽しかったですね。
関口:なるほど。じゃあ、後から振り返ってみると、自分は完全に油絵科向きだったと(笑)。
木村:そうですね(笑)。

関口:基礎科の当時、先生は何を見ていたんだろうね?
木村:最初は平面構成とか着彩をやっていたんですけど、どうしてもモチーフを忠実に再現する事が出来なくて、自分の好きな色とか形とか、自分の好きな方に持って行っちゃうところがあったんですよ。
で、先生に「試しに一枚油絵を描いてみたら?」って言われてやってみたんです。それが随分楽しく自由に描けたんですよ(笑)。
関口:(笑)やっぱり自分のやりたい事を自由にやれるっていうのが油絵科の良いところだと思うんだけど、モチーフ側じゃなくてこっち側に引き寄せるみたいな、そういうところがあるもんね。
木村:はい。そうですね。
関口:今から振り返るとその辺が油絵科向きだったと。

木村:僕は3回受験して、運良く全部油が描けたんですねど、振り返って1年前の絵を見ると恥ずかしいというか…芸大の求めているレベルにも自分の求めているレベルにも全然届いていない、というのがハッキリと分かってきました。
2年浪人して、その時点で大学に2年間美大に通ったくらいの充実感がありました。
関口:なるほどね。時代は違うけど僕も2浪したんで、それには共感出来るよ。


1浪時の作品

関口:ところで、今年受かってみて、ここが現役・1浪の時と違う。みたいなところはある?
木村:現役の時だと、年が明けてから入試に向けてドンドン焦点を絞っていく様な感じになりますよね?
関口:そうだね。現役だと受験の経験がないからね。
木村:だから実質半年ちょっと勉強したら、もう後は焦点を絞って入試に突入みたいな、感じでした。
で、1浪したら夜間の時の1年間と、浪人した半年を足した1年半でまた焦点を絞っていく…という感じだったんですけど、僕の中ではそれだとまだちょっと早すぎた、というか…。焦点を絞れるほどまだ分かっていなかった、というか…。
2浪した時に、これはもう本当に先生のお陰でもあるんですけど、段々「これは出来なくても良い」とか「これはやった方が良い」とかが見えてきたんですよ。それで最後は焦りがない状態で受験出来たんです。

関口:そういえば授業終わった後、残って担当の森元先生と面接しているところもよく見かけたよね。
木村:はい。僕の場合、入試直前で周りの皆が枚数をこなして上達していくのを横目で見ながら、自分は中々課題数もこなせず、上がっていかないっていう状況が続いてちょっと焦っていた時期があるんです。
そんな中、森元先生は「課題の数をこなして行くとか、描写が出来る出来ないっていうのは、最終的には関係ないから」っていうのを言ってくれました。
関口:まぁ、確かに作品っていうのはそうだよね。
木村:先生は「入試本番でベストな絵が描ければいい訳で、数をこなしてそれに近づいて行く人はそれで良いし、休息や考えることで良くなって行く人もいるから。それぞれのアプローチの仕方っていうのは全員違う」っていう事を言われて、救われたというか…他と比べる事をやめて自分の作品の事だけを考える事が出来る様になりました。

関口:自分的には今回描いた作品は手応えはあった?
木村:はい。結構考えて描いてきました。「これしか出来ないから…」っていうんじゃなくて「これが良いから自分で選んだ」って思って受験出来た気がします。
関口:自分で狙ったところで受かるのは良い事だよね。
木村:そうですね。
関口:この辺は浪人生の強みというか、力を付けた人にしか出来ない事だもんね。そういう人が入ってくれたのは、こちらとしても嬉しいところだよね。
上下ともに芸大入試再現作品

関口:最後に受験生に向けてメッセージはある?
木村:芸大は4年間、もしくは6年間勉強する場だと思ってるんですけど、そこに辿り着くなら、この1年間を必死でやっても良いんじゃないかな?って。その1年は絶対に無駄にならないって思ってます。楽しい4年間の為に、1年頑張って欲しいですね。偉そうですけど(笑)。
関口:いやいや(笑)。では今日はありがとうございました。
木村:こちらこそ、ありがとうございました。


中学生 美術系高校受験説明会

こんにちは。中学生受験科です。
1学期も終わり、いよいよ夏期講習会。中3生は、実技も勉強もペースアップする時期ですね。
夏バテしないように、栄養と睡眠をしっかりとって頑張りましょう!

美術系高校受験をお考えの方に、説明会と体験講習のご案内をいたします。
8/6(日)11:00~12:00 保護者対象 美術系高校受験説明会
会場:ena新美(新宿美術学院) 新宿校
本校スタッフが、都立総合芸術高校をはじめとした美術系高校受験の詳細について、豊富なデータを元に丁寧にご説明します。生徒と一緒の参加も可能です。ぜひご来場ください。

また同日開催で、デッサンの体験講習を実施します。
8/6(日)10:00~13:00 3時間チャレンジ デッサン体験講習(無料)
会場:ena新美(新宿美術学院) 新宿校
※お申し込みはこちらから→http://www.art-shinbi.com/event/3-hours-challenge/

また個別のご質問、ご相談など随時ご対応しております。
ご連絡お待ちしております。


夏のはじまり

こんにちは。事務局です。

3日間のプレ夏期講習会も無事終了し、いよいよ講習会前日となりました。

参加された皆さま、お疲れさまでした。気合はいってましたね。

とはいえ、これからが本番ですから、今日はコンディションを整えるためにもはやく寝ておきましょ~

============================================

事務局では、皆さまを受け入れる準備を一生懸命進めているところです。

普段から通って下さっている内部生の方、初めて新美に足を運ぶ外部生の方、遠方からご参加の方、近郊からご参加の方、数日のみの受講の方、一か月近くフルで受講の方、、、、、などなど皆さま状況は様々だと思いますが、

とにかく!充実した夏を過ごしましょう。

そのためのサポートは新美スタッフ一同、精一杯させていただきます。

その一環として、講習期間中も学科対策の英単語・英熟語・漢字の小テストを毎日実施しますよ~

1階の受付前にて配布しています。

繰り返しますが、なんと毎日!問題も入れ替わります。

英単語だと20問載っているので、

最長受講の方だと20問×34日間=680問も覚えられちゃうわけですね☺

毎日たっぷり用意しますので、ぜひ有効活用しちゃってください。

目指せ学科8割!8割すでにとれる子は9割、満点目指していきましょう。

 

また、現在ギャラリーは油絵科の福本先生の作品展示期間です。

講習会に参加の際は、ぜひ実物をゆっくりご覧になってみてくださいね。

============================================

今日はちょっと雲行きがあやしいお天気でしたが、一瞬覗いた晴れ間を撮影しました。

明日はいい天気になりますように。

 


プレ夏期 START!!

私立美大デザインコース講師の笹本です

本日より、プレ夏期が始りました!
受験生たちの熱い夏がいよいよ幕開けです。

ひとりひとりが選択した課題によく集中して、真剣に取り組みました。

プレ夏期講習は、明日(7/16)、明後日(7/17)も実施します。
■ 私立美大デザインコース  : 「手のデッサン」・「静物デッサン」・「構成デッサン」の3科目から1つを選んで受講できます。

■ 芸大デザインコース  :   明日(7/16)は「静物デッサン特訓」、明後日(7/17)は「集中灯での石膏デッサン特訓」

■ 芸大工芸コース  :   明日(7/16)は「模刻特訓」、明後日(7/17)は「集中灯での石膏デッサン特訓」

各コースとも受講を希望される方は、新宿美術学院までお問い合わせください。
新宿校 電話:03-5309-2811