彫刻科。今日までの秀作を紹介。

こんにちは!彫刻科の小川原です。各予備校の公開コンクールも終わり、それぞれの課題が明確になって来たところだと思います。コンクールでいい成績が取れた人も、上手く行かなかった人も、最後の3ヶ月ちょいで大きく流れが変わってくるところもあるのでこれまで以上に気持ちを入れて課題に取り組んで欲しいです!

さて、しばらく間が空きましたが、これまでの課題の中での優秀作品をピックアップして紹介します。

昼間部生の作品

最近一気に実力が伸びてきて、僕はワクワクしながら制作する姿を見させてもらっています。まだ出だしで安定していないですが、作品をいいものにしていきたい!という想いがひしひしと伝わってくる魅力に惹きつけられます。


ただ手なりでつくっているのではなく、自身の内面性や精神性が込められた深みのある表現ができていると思います。予備校では「彫刻」をつくる為の基礎訓練的なところがありますが、それを抜けた先のビジョン(こだわり)みたいなものは絶対的に持っておきたいところです。


この作品からはすごく人間らしさを感じさせられます。けだるい印象の中に、強い意志のようなものが見て取れます。


上を向いたポーズは表情に陰が落ちずに立体的な形が明るく飛んでしまう事が多いですが、この作品はとてもうまく行っていると思います。それも含めて全体の完成度がとても高く、強い魅力を放つ作品になっています。


正直うまいと思います。描き出しでは距離感の設定(高さによってできる遠近感)が弱かったですが、完成した状態はそれもやりきれています。凄いですね!この調子!


模刻でこれだけ決めてこれる人はなかなかいないと思います。自分の浪人時代と比べても納得の出来です!


形の起伏が表面的でなく、内部の筋骨の印象を感じ取れるところが良いです。何より鳩らしい!当たり前のようですが、これが難しいんですよね。

現役生の作品

彼は最近油画科から転科してきました。石膏デッサンもほぼ未経験でしたが、とても良い内容の1枚を描き上げました!これからどんどん見方や技術を獲得していって下さい!

入試も近づき、実力も高まってきて一層意識が高まっているのではないかなと思います。これまでに学んできたものは確かな力になっているので、後は着実に自信をつけていくことです。自信を持って制作に臨める人が、最後には勝ち残っていくのだと思います。足りないことは全部教えます!!頑張りましょう!

 


明日のギャラリートーク

こんにちは、全科総合部です。
現在、20日まで新美ギャラリーにおいて「渡辺護展」を
開催しています。

今回は、映像などの媒体を通して人間の知覚に訴えかける作品を展示してくれています。

プロジェクターで投影されているノイズのような動きが、鑑賞者の足音に反応するのにもおどろきましたが、他の作品では、モニターの表面に2つのファンが回っています。思いっきり画面を遮っています。
鑑賞者が近づくと・・・・。

明日、新美ギャラリーで16:30より、作家によるギャラリートークがあります。
ゲストに映像ディレクターの宮川貴光さんをお招きして対談をしてくれます。
宮川さんは、藤元明さんというアーティストなどと作品を作っていて、美術と映像の両方で作品づくりをしているということで、今回の渡辺さんの作品の一つのテーマである「境界」という部分で色々話していただけるのではないでしょうか。

興味のある方は、是非お越しください。損はしません。
通りすがりの新美生の方、少し早めに登校して、トークを楽しんでみてはいかがでしょうか?
また、講評会の終わった昼間部生の方々も、帰る前に新しい美術の一片を覗いてみてください。

よろしくおねがいします。


通信教育

こんにちは。通信教育です。

ただいま10月作品添削中です。到着までいましばらくお待ちくださいね。

 

 

冬期講習は毎日集中して制作出来る機会です。担当講師が直接面接指導を行ない、入試に向けての修正点や目標等じっくりとお話し致します。

申し込み  お待ちしています。


芸大デザインコース

こんにちは。芸大デザインコースです。

■工芸と合同課題

卵を高所から落とし割れないようにケント紙で包む形の立体 グループもしくは一人制作 

作りながら考え何個か作り実験し、クッションと外形固めるタイプや、パラシュートタイプ、浮力とたわみで衝撃吸収タイプなどが成功していました。

たまにこのような課題で、手探りでどうしたら解決するのか違った角度から楽しんで制作するのも勉強になりました。

 

 

■公開コンクール

デッサン課題  石膏:ガッタメラータ  構成:堅あげポテト、ブロッコリー、延長コード、手

平面課題 白いバラ、牛乳瓶、ぶなしめじ、任意の幾何図形

立体課題 レモン、紙テープ  水粘土

 

 

■12/2(日)プレ冬期

芸大デザイン科一次合格デッサン特訓

芸大デザイン科のデッサンは、丁寧な観察力と自然なバランスで表現し、モチーフを客観的に伝えることが大切です。空間や光の状況を感じて自然に、正確な形、石膏像の魅力、画面の大きさに対してのモチーフの扱いや、組み方、形体の精度と空間性、質感や細部の密度バランスと時間配分など、作者の視点と、観る側との共感を軸に制作して行きます。

講師によるデモンストレーションと一緒に制作し、合格レベルを実感し、これから取り組むべき事を明快にしていきます。新美ならではの、充実した参考作品や、個性を尊重する丁寧な解説指導、講評を体感してください。

申し込みお待ちしています。


受験シーズンに向けて

デザイン工芸科夜間部です。

美大の受験では、メンタル的なケアも重要なことになります。

実技に悩んでいたりすると、それが出来た作品に直接影響したりします。そういったメンタルケアが必要な時期にきています。

面談や会話をすることで、状態を確認したりしますが、精神面のことなのでなかなか難しいところでもあります。特に受験直前となるとほぼ全員が落ち着かなくなります。今のうちに直前に向けての心構えなどの準備もしていきたいです。

いうことで、今のうちにちょっと厳しいモチーフを描いてもらうようにしています。描く量が多かったり、形の難しさや観察の多さなどなど、今のうちに耐性をつけておきたいです。

デザイン科としては、上手に絵が描けなくても、理解のある絵がまず描けてほしいと思います。その上で上手であればさらに良いですね。絵が上手くいかなくて困ったときは、仕事のようにやってあげることを着実にやりましょう。それが一発試験での冷静さを保つ要因になります。

生徒に協力してもらい、パンフレットの撮影もありました。どんなパンフレットになるのか、楽しみにしたいですね。