オンライン教育科

こんにちは。オンライン教育科です。

今学期最後となる12月ターム制作期間です。

◯新2学期生は申込後、随時オリエンテーションを行い、インターネット接続や、制作環境、志望校などを面談で確認し、カリキュラムを確認します。初回講評日もこちらのオリエンテーションで決定します。

第16回特別講義は11月末に配信しました。

オンライン教育科では、毎月約3課題(生徒によっては5課題)を生徒に送付し、その講評を Zoomを用いて行っています。 講評はマンツーマン形式で、30分程度の時間をとり、各月の終わりに行っています。それに加えて、オンライン教育受講生のみを対象とした特別講義を各学期に2回行い、受講生の受験対策及びモチベーション維持に役立てることを目指しています。

 

 

冬期講習会申し込み始まっています。オンライン教育科受講生が校舎アトリエ受講する場合、コースの選択などについては講師とご相談くださいね。

 

 

オンライン教育科 冬期講習会も開催します。

~12/15(木)申込締切となります。

12/18(日) 10:00〜 オリエンテーション

12/21(水) 〜12:00締切 中間講評

12/25(日) 個別時間 オンライン講評

オンライン教育科冬期講習会の課題数は、デッサンと、専門課題の2課題です。講評はWebミーティングツールを利用したリアルタイム講評になります。作品のやりとりは全てオンライン上で行い、制作途中での質問などはメールで随時受け付けながら、遠隔の受講生をサポートしていきます。
※2課題の内容は、受講生個別にカリキュラム組みます。

 

 

 

◯2022-2023 2学期生募集中です。

オンライン教育科  新美の指導を遠隔地の方にも!

オンライン教育科は、時間的・地理的な理由で各校舎に継続的に通学できない方のためのコースです。Webミーティングツールを利用したオンライン上でのリアルタイム講評、録画による動画講評、豊富な参考資料によって、遠隔地の方の芸大・美大受験をサポートします。

講評は全てマンツーマンで行われ、受講生の進度に応じて、カリキュラムを組みながら進めていきます。

オンライン教育科では、
油絵、日本画、彫刻、デザイン、私立美大デザイン、工芸、映像、先端芸術表現、建築、デッサンの10講座を開講していきます。

高3・受験生は 10講座 【月5課題コース】と【月3課題コース】から選択になります。

高1・2生は原則【3課題コース】です。

 

*Googleアカウント=Gmailアドレス取得してお申し込みお願いいたします。

ena新美大宮校開校!

2023年4月ena新美大宮校が、開校することになりました。5年ぶり5校目の新設校舎となります。

埼玉県有数のターミナル駅「大宮駅」東口から徒歩6分。氷川神社参道のすぐ横で、参道横にはおしゃれなカフェとかも多く、とても雰囲気の良い立地です。近くには「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業」として、2022年4月に開業した大型複合施設があります。展示の出来るスペースもあるので、利用させてもらう機会もあればと思います。氷川神社参道は、車の通行を制限したようで散歩には良い道と変化したようです。おしゃれなカフェやお店が増えてきているようです。

本日12月1日に開校の告知が始まりました。まだ校舎自体は内装の工事や備品の設置など準備が残っています。2023年4月開校となっていますが、2月にはアトリエの開放とイベント企画が控えていますので、時間に追われそうです。まずは、開校の告知を窓に貼ってきました。

開校のポスターも作ってもらったので、近隣の高校には貼ってもらえるように挨拶に行く予定です。

大宮校専用のツイッターも始めました。

固くなく少し緩い感じで、大宮校の雰囲気を伝えられたらと思います。ぜひフォローしてください。

まだまだ準備することは多いですが、2月までに着々と進めていこうと思います。

大宮校チラシ表改3

ホームページも出来ています。新規入学申し込みは2月1日からとなります。

https://www.art-shinbi.com/omiya/

武蔵美・多摩美の推薦の報告。

4年に一度の世界一のスポーツ祭典、サッカーワールドカップが開催中です。受験生でも好きな人はいるでしょうが、観てしまうと勉強が…というところで悩ましい感じですね。受験勉強とバランス良くやっていきましょう。

デザイン・工芸科夜間部です。

武蔵美、多摩美の総合型選抜、学校推薦型の合格発表がありました。合格した方、おめでとうございます。残念ながらの方は、一般に向けて気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。新美新宿校の結果としては、例年通りの数字の合格数でした。もちろん受験した全員が合格したわけでありませんので、こちらも一般に向けて切り替えて指導していこうと思います。 新宿校夜間部の授業では、去年の合格者を呼んで体験談を語ってもらう授業が年二回ほどあります。二回目は推薦後に一般に向けて気持ちを切り替えるためにも、去年の先輩たちの話は参考になったのではないでしょうか。代表で来てもらった先輩方、飛び入りで来てくれた先輩方、ありがとうございました。受験生の気持ちに一番近い人達なので、とても助かります。

通常授業は、二学期末の昼間部との合同校内実技模擬試験期間に突入しました。頑張ってくださいー。この校内模試が終わると、次は冬期講習会になります。いよいよ、受験シーズンの始まりになります。ここからはあっという間に時間が進んでいきますので、時間の使い方を上手くやっていきましょう。

https://www.art-shinbi.com/season/winter/

ではまた、次回に。

先端芸術表現コースの冬期講習

こんばんは。新宿校先端芸術表現コースです。

2学期の授業も終盤になり、一次対策二次対策ともに、集中して進んでいます。
制作や個人資料ファイルに関しては、秋から冬にかけてがもっとも焦ったり、進まないことに苛立ちを覚えてたりするかもしれません。自分の興味や関心を突き詰めるようなあり方では、言語を用いることももちろん大事です。しかしそこで詰まったときには「手で考える」、「行為しながら考える」という心持ちで、秋から冬にかけてこそ、自分なりにさまざまな実験や試みを行ってみて(作品未満の習作のようなもの)、自らの興味や関心を自分なりに楽しむやりかたを見つけながら探って行けたら良いかと思います。

さて、先端の冬期講習は次の日程で行われます。

前期 夜間コース
P.M.5:30~P.M.8:30

12月
16(金) 総合実技
17(土) 総合実技
18(日) 一次対策(小論文/素描)
19(月) 一次対策(小論文/素描)
20(火) 一次対策(小論文/素描)
21(水) 一次対策(小論文/素描)

こちらのコースでは、夜間3時間で、総合実技、一次対策の対策を進めていきます。

中期 総合コース
A.M.9:30〜P.M.6:30

12月
23(金) 一次対策(小論文/素描)初日ガイダンス
24(土) 一次対策(小論文/素描)
25(日) 一次対策(小論文/素描)
26(月) 一次対策(小論文/素描)
27(火) 一次対策・作品制作/制作相談
28(水) 作品制作
29(木) 講評会
30(金) 総合実技個人資料ファイル検討

中期では、8時間の授業時間を生かし、1次対策2次対策のいずれにおいても、しっかりと今自分が何ができていて何ができていないのかということを把握しながら、面談の時間を多く取りながら進めていきます。

後期 一次対策・総合実技コース
A.M.9:30〜P.M.6:30

1月
4(水) 一次対策(小論文・素描)
5(木) 一次対策(小論文・素描)
6(金) 総合実技
7(土) 総合実技

年明けには、一次対策総合実技の対策です。大学入学共通テスト前に、各受講生の課題を明確にし、入試直前講習会に向けて準備していきます。

いずれのコースを受講しても、制作や受験の相談などは面談などで適宜行っていきます!
どのコースを受講するか迷われている方などいましたら、遠慮なくご連絡ください。

それでは、先端芸術表現コースでした。

 

彫刻科:11月後半作品紹介

こんにちは。彫刻科です。

11月はそれぞれの課題に向き合いながら密度を上げてしっかり完成させていくような仕事を意識してもらいながら制作に取り組んでもらっていました。

自分の上限MAXをだすことで冬期講習に向けての課題が明確になってくるかと思います。

 

昼間部の作品紹介

友人像です。モデルの印象がよく捉えられています。

写実的に緻密に形を追いすぎることなく量感をしっかり見せていくようなアプローチがカッコよくハマりました。

人体/頭部の抑えてくべきポイント(眼窩周辺、前頭部、顎、首と頭部の繋がり・張りetc)と、対象の生きた印象(佇まい、姿勢、目線、癖etc)を両者うまく重ねながらながらやりきることが必要です。

 

組み石膏に帯

組み石膏は普通の石膏単体とは違って石膏像そのものの精度に加え、静物的な状況への反応やモチーフ同士の関係性を説明する必要が出てきたりして気にかける部分がとても多くなります。けど逆に普段見られない状況を利用してその石膏を見ることのできる機会でもあります。

モチーフで見せなくてはいけない情報は何か。そこをイメージしながら絵に振り回されないようにコントロールすることが大事です。

帯と奴隷の色のコントラスト、隙間の空間や影などにも反応して臨場感出てきてます。

 

顔の見えない位置ですが伸び側の充実度が出てきました。光の雑味がなくなるともっと良くなると思います。

 

 

夜間部生も良い作品が出てきました!!

腰の倒れてくる傾きを抜けなくしっかり描けていて奴隷の胴回りのもつゆったりした空間性を引き出せています。頭部や顔面は突っ込んでもっと似せていきたいです。

 

鳩1点目。頭部の詰まった描写が胸の張りと合わせて見せられるとより充実してきそうです!

鳩2点目。すこし首を動かしてきています。それによって出てくる左右のねじれの影がきれいですね。爪先までしっかり緊張感があるのも良いです。

 

鳩は形態がすっきりしている分プロポーションや量のバランスなどがシビア。何度も荒づけをして「鳩ってこんな形」とある程度体で覚えてしまうことも大事だと思います。

 

 

お次は基礎科生

手と薪の構成。

手の芯棒でトラブルなどありましたが、その中で最低限やらなくてはいけないことを置いて来れていると思います。要素を「はずさない」のは受験においてはとても重要なことです。

指一本一本が同じ動きをしてないのがリズムを生み出していていいかんじです。

 

 

紹介は以上です。

調子悪くても・トラブルが起きても落胆せず粘ることのできるメンタルは底力と直結します!

今の自分の上限を、ひと月先の下限にするようなつもりで自己更新しつづけていきましょう

坂下