月別アーカイブ: 2019年3月


ありがとうございます、保護者ガイダンス

こんにちは、総合部です。
本日、新宿美術学院では春期講習会中ではございますが
日曜日ということもあり、保護者の方に美大入試のことについて
ご説明させていただきました。

前回に引き続き、たくさんの皆様にお集まりいただき
誠にありがとうございました。
これから受験を控えた子をみていくのは、大変だと思いますが
少しでもお役にたてれば幸いです。
(レアな情報もありますので、あまり他言しないようお願いします(笑))

その後、実際の合格者作品展示を見ながら各主任の先生方より
ホットな情報をいただきました。

また、4月7日の日曜日に1日体験と合わせ「美大入試保護者ガイダンス」を行います。
もう一度お聞きしたい方、まだ聞いていない方、ぜひお越しください。

尚、その日の16:30~特別に「推薦入試説明会」があります。
推薦入試に特化したご説明をいたしますので、宜しくお願い致します。


秋葉原校:4/7(日)推薦入試講座+一日体験のお知らせ

秋葉原校です!
春期講習会中のアトリエは、デザイン工芸、油絵、日本画、基礎コースに分かれて、とっても活気のある空間になっています。

講習会は残り5日となりましたが、後期の基礎コースはまだ申込み可能です。
しかも4/3(水)4/4(木)の初級デッサンコースは無料で受講できますので、この機会にぜひデッサンやってみませんか(*^。^*)b
申込みはweb予約が便利です。こちらから。

そしてその後は4/7(日)に推薦入試対策講座と一日体験を実施します。

美大でも年々推薦募集枠が増え、特に多摩美では一般入試では行われない実技内容もあるのでどうしたら良いのかわからない学生も多いと思います。
多摩美・武蔵美・筑波大の推薦入試において、高い合格実績のある新美が推薦入試のノウハウをレクチャーしていきます。
武蔵美の推薦入試を考えている生徒もポートフォリオの相談も受け付けています。
私立の推薦入試の受験を考えている方は、この機会に是非ご参加下さい!
勿論、造形大や女子美大などの推薦入試をお考えの方もご受講可能です。わからないことがあれば一度ご相談を。

詳細・申込みはこちらをご確認ください。

一般受験をお考えの方や、初心者の方は通常の一日体験がおすすめです。

そして、そのあとはいよいよ4/11(木)より新年度スタートです!
ぜひ一年間 新美 秋葉原校で一緒に頑張りましょう!
ではまた。


新美日本画春期講習特別授業

お久しぶりです!

皆さん花粉症は大丈夫でしょうか?
すごしやすい気候なのにくしゃみが止まらなくなるのは辛いですね。。。

 

しかし、そんなことも吹き飛ばすような授業が新美日本画の春期講習では行われています。
それはなんと、

 

毎課題デモストレーションが行われているのです!

 

いざがんばろうとしても勧め方や完成のイメージがないと難しいですよね(´-`).。oO
そこにデモストが隣で描いているとどうでしょうか
そう、イメージしやすいのです!

このタイミングではどこのポイントを抑えるべきなのか。
初めはどのような鉛筆の握り方、動かし方をすればいいのか、などなど
参考作品ではわからない疑問が一気に解決してしまうのです(*´꒳`*)

 

ちなみに今日はなんと!
東京芸大二次試験の再現デモストと講師の佐々木先生によるダブルデモストでした!!

これが佐々木先生によるデモストの着彩課題の1日目のデッサンです。

この課題は二日間での制作なので水彩絵の具での色づけは明日からですね。
しかし、色がなくても質感の差の変化がすごいですねΣ(・□・;)

 

「これに色がついたらどうなるのか。。。」

 

気になる方はこの完成を新美の新宿校に来てください。見られますよ( ^∀^)

「でもすぐに新宿には遠くていけない…」

と、思ったあなた!
なんと新美日本画のツイッターアカウントで完成作品をUPします。
ツイッターの方では随時授業風景や製作過程の動画なども上がって行くので
そちらのフォローもよろしくお願いします!

 

 

 

 


彫刻科 芸大入試再現作品プロセス紹介2

こんにちは!彫刻科の小川原です。
2019年度の芸大入試は彫刻科は受験者15名中3名が合格しました!
ちなみに2018年度は16名中3名
2017年度は16名中4名
2016年度は17名中3名と、コンスタントに高い合格率で芸大合格者を排出しています。
安定した合格率の高さの原点は、個に合わせた徹底した指導にあります。

さて、芸大の合格者再現作品が徐々に出来上がってきました。順に一人づつ紹介していきます。

二人目の再現作品。デッサンアリアス

塑像ブルータス。

どちらの作品も見事な出来栄えでした!

さて、今年度彫刻科では昼間部生を対象に「彫刻割」と銘打って年間の授業料が半額となる特待生を募集します。現段階で実力が無くても大丈夫!僕達講師が一年かけて必ず上手くします!芸大第一志望の受験生の皆さんのお問い合わせをお待ちしています!

詳しくはこちらのリンクからお願いします。

https://www.art-shinbi.com/event/2019/cyoukoku/ …


先端芸術表現科春期講習会は3月30日(土)からです

こんにちは。

先端芸術表現科です。
3月30日の土曜日から、6日間の春期講習が始まります。
春期講習は、これからの表現活動の手がかりとなるような課題を5日間行い、最終日に自らの作品を制作するという非常に密度の濃いものとなっています。講師一同どのような関心をもった受講生が集まるのか、大変楽しみにしております。申込みはこちらから。今年度の試験で先端の一次試験を通過した方は、春期講習受講料が半額になる制度もあります。
https://www.art-shinbi.com/pdf/spring-2019.pdf

春期講習の概略を記すと、初日の課題で使う素材はA4用紙とサランラップ。二日目は20世紀美術の中で重要な問題になった「レディメイド」について学び、実践していきます。3日目は映像科と合同で写真について考える課題を行い、4日目は二次試験で課される総合実技について解説し、実際に課題を行ってみます。そして5日目は「サイトスペシフィック」や場所の問題について考えたのち、最終日は自らの関心に基づいた表現を発表してもらいます。

受講の相談なども随時受け付けておりますので、先端を考えているが迷われている方、一度個人資料ファイルを見てもらいたい方などは遠慮なくご連絡ください。

遠隔地にお住いの方には、通信教育という方法もあります。
毎月受講生の方の進度に応じてカリキュラムを組み、在宅でもしっかり対策できるようにしていますので、定期的な通学は無理だけれども、という方もぜひご相談ください。

また、特待生の募集も引き続き行っております。高卒生の方で来年先端受験を考えている方は、ぜひご検討ください。高3生の方には、学力特待という制度もあります。

写真は現在1Fギャラリーで行なっている、合格者の再現作品展示の様子です。こちらは4月25日(木)まで行っています。