作成者別アーカイブ: admin

【 油絵科夜間部 新宿校 】 合格体験記

こんにちは、油絵科の鷹取です。
昨年度夜間部から武蔵美に現役合格した生徒から合格体験記が届きました。
武蔵美への憧れがものすごく強い子だったので、最後までしっかり頑張って見事武蔵美生になれて良かった!!!
自分らしさは意固地に守るものではなく自分の芯を持ちながら自由に動くことだと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【合格体験記】
武蔵野美術大学 油画 現役合格
大森 有花

私はこの度、武蔵野美術大学の油絵科に一般選抜で合格することが出来ました。
私は高校一年の冬から新美に通い始め、基礎固めをしてきました。基礎科の時から武蔵美のことがとても好きで、武蔵美以外の大学に全く興味が持てませんでした。そのため総合型選抜を受けることになり、基礎科の時から”自分が絵を通して伝えたいこと”、”自分らしい絵”を考え続けていました。

もともと私はドローイングを描くのが好きで、自分らしく楽しく描けるのは油絵でなくドローイングでした。油絵になるとやはり受験を意識してしまい、硬い表現になることがあったのですがみんなが同じ絵の描き方をする必要はない、とわかった時、油でも私の好きな絵が描けるようになりました。
それから受験科に入り、総合型選抜と一般選抜に向けて、”自分の絵”を固めながら作品を作っていきました。しかし私は11月に推薦で落ちてしまったので、そこからは何が悪かったのか、武蔵美は何を求めているのか、私の好きな絵は受け入れてくれないのか、など考えながら、前以上に必死に油絵とデッサンの研究をしました。
冬期講習になり入試が近くなってくると、自分が好きな絵で勝負してよいのか と不安になり、絵がまったく描けなくなりました。推薦で落ちているのが影響して自信がゼロになり、描きたい絵もわからなくなってしまったのです。
でも先生に”自分の好きな絵でいい”と何度も言われた事で、自分の好きなように自分の大事にしてるもので勝負して楽しんで描こう、頑張り続けようと決心し、最後まで自分の最高に持っていけるよう頑張ろうと思いました。
それからは毎日絵のことを考え、どうしたら気持ちよく楽しく描けるかをひたすら研究しました。入試直前に色んなことを指摘され悩み続け、最後の一週間で絵を変えたりもしました。画集をみて、今好きなものや色、気持ちよく書けそうだとおもうものを取り入れたりして最終的に楽しんで描けるようになりました。
私の絵は油絵らしさがなく、ドローイングのような絵で、ずっとそれを突き通してました。
でも”自分らしさ”を守らずに最後までいろんなものを見て、絵を変え続けることが大切だと改めて思います。
途中はうまくいかなくて辛いことがなんどもあるし、たくさん泣いたけど最終的に自分の満足いくところまで持っていけたのでとても成長した受験期を送れたと思います。
これからの受験生の方も、自分らしい絵で、頑張ってください!応援してます。

留学生コース、ブログはじめました

はじめまして、夜間部留学生コースです。

今年度から、謎に包まれた(?)新美の留学生コースについてこのブログで情報発信していきたいと思います。
授業の様子や講師のデモスト、イベントの紹介、その他雑談など、色々な話題をアップしていきますので、留学生も留学生でなくてもよかったら覗いてみて下さいね。

さて、新学期が始まりました。
新美では、留学生は基本的に日本人の生徒と同じ教室で制作し、講評を受けます。
そのため授業はもちろん、日本語で行われます。
来日して間もない生徒にとっては不慣れなことも多く、大変かもしれません。
コミュニケーションがスムーズにいかないときは講師が中国語や英語で通訳したりフォローすることもありますが、自分でメモを取りながら一生懸命ついていくことも大切です。
書いたり調べたり困ったり…そういった積み重ねがやがて自信につながります!

留学生試験は一般入試より時期が早く、11月、12月に行われることが多いです。
準備期間が短いだけあって、毎年新年度が始まるとともに、一気に緊張感が高まります。
程よく緊張感を持ち、程よく息抜きをし、自分を良い状態にしてあげることが重要ですね。

入試まで一緒にがんばっていきましょう!

 

↓デザイン・工芸科夜間部の全体講評、留学生もこの中にいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《基礎科》2021年度 新学期スタートです!!

家の近くの枝垂れ桜が満開になって、春の嵐であっという間に散ってしまい、
その次の日の朝、川が桜の花びらでピンク色になっているのを見て
毎年春を実感しています。
なんだか私の小学生ぐらいの時、卒業式には桜はまだ咲いていなくて、
入学式前後に咲いていたような気がするのですが、最近はもう4月の1週目がピークなような気がします。(もしかしたらその記憶も間違っていたらすいません。)

基礎科講師デザイン科担当の名越敬真です。

1年前の今頃は、基礎科の新学期はオンラインでのスタートでした。
講師一同、初めての体験で何を準備したら良いかも手探りの中、
できる限りのベストを尽くせるよう、モチーフや指導方法を模索しました。
その1年後(新学期スタートは先週の木曜日ですが)こうやって対面で
新学期を迎えられたことを、とても幸せに思います。

そんな中でも今年は、例年よりもこの時期の基礎科の生徒数が若干多く、
日曜日の無料体験に関しても多くの方にお越しいただいており、
日々、皆さんの熱意を肌でひしひしと感じております。

とはいえ、新型コロナウィルスもまだまだ余談を許さない状況ではありますので、
講師一同、再度気を引き締め、新学期も対策をしっかり行いながら、
指導を行っていきたいと思っております。

さて、新学期1発目の課題はスタンダードな静物デッサンとなっております。
新しく基礎科に加わった生徒さん、去年からの参加となる面々も
まずはしっかり基礎を確認しながら進めていければと思います。


講師の皆さんもデモストに気合が入っていますね!

基礎科は年間を通して、”基礎力”をつけることを念頭に課題を進めていくのですが、
特にこの時期は基礎課題をしっかりと行っていきます。
時間のあるこの時期だからこそ、しっかり時間をかけて基礎力をつけていくことがとても大事です!!

基礎科では随時無料体験や1日体験なども実施しておりますので、
お気軽にお問い合わせいただければと思います。

では

新学期、受験科にようこそ。

春になり、暖かくなってきました。桜などの花の開花を見ると、日本の新学期はやはり4月なのかなと思います。新学期頑張りましょう。

デザイン•工芸科夜間部です。

受験科にようこそということで、基礎科に居て今年から受験科に移った生徒、今年から受験の為に夜間部に来る生徒と居ますが、受験科とはどんなところなのでしょうか。
まず、大きな違いは今年度の終わりに受験があることです。志望校に合格するという目標をかかげ、受験までの期間が一年以内と決まっているということです。
学科もやらなきゃ…デッサン、平面、立体…実技は楽しいけど、難しいー、といった受験のストレスが、ガッツリとかかってきます。そこは覚悟するしかないです。頑張ってください。

実技で違う点を一つ。試験時間が決まっていて、それまでに作品を仕上げなければならないということです。完成を想定し、制作時間を逆算して作品を作る。なので、試験と同じタイムスケジュールや効率の良い制作手順を学ぶということが必要となります。ただでさえ、絵が上手くいかなかったりなのに、そんなとこまで気を使わなくてはならないとは…となります。いやいや…上手く手順良く進んだ時は、完成した作品に爽快感が加わって、達成感が高まります。
約一年かけて、そのプログラムをやっていきます。達成感ゲットの為にもそこを楽しみましょうー。

 

そして作品を作るだけではなく、しっかりとデザインや工芸に対する知識も必要になります。風の谷のナウシカ漫画版の巨神兵オーマが覚醒した時のように、使命と目的を理解し、その為の知識をゲットしていきましょう。(ナウシカは漫画版がとてもお勧めです。じっくり読んでアニメ版よりも深いところを比べてみましょう。)

学科のことを一つ。学科の点数を上げるには、時間を要します。学科に不安のある生徒は、今からコツコツと時間をかけていきましょう。一年しっかり勉強すれば、必ず効果が出ます。受験生になりました。睡眠時間を1時間ほど削るだけでも良いです。お勉強する時間を作って下さい!

では、また次回!

先端芸術表現科4月の授業

こんにちは。新宿校先端芸術表現コースです。

春季講習も終わり、1学期通常授業は11日(日)から始まりました。
新美の先端芸術表現コースでは、制作や活動のきっかけや、自分のこれまで行なってきたことの捉え直しにつながる課題やワークショップを、1学期の間は行いながら、毎月1度の講評会を通して、自らの制作や活動の発表を行なっていきます。

また、一次対策の小論と素描に関しては、5月まではどちらも行いながら、6月に入ってからはどちらかに分かれた上で対策を進めていきます。

先端芸術表現科の4月から5月最初の講評会までの予定は次のようになっています。

13日 火 小論文 文章を読んで考える1
14日 水 小論文 文章を読んで考える1

18日 日 課題・ワークショップ1(持ち物 筆記用具)

20日 火 素描 形態の基礎(光と陰影)1
21日 水 素描 形態の基礎(光と陰影)1

25日 日 課題・ワークショップ2 (持ち物 様々な描画材、描画材に使用できそうなもの)

27日 火 小論文 文章を読んで考える2
28日 水 小論文 文章を読んで考える2

5月
9日 日 講評会1(13時半から)

無料体験や、新規受講を希望されている方、授業見学のお問い合わせなど、受験に関する相談などありましたらいつでもご連絡ください(リンク先の下記に問い合わせの電話番号など記載されています)。
https://www.art-shinbi.com/shinjyuku/

また、遠方にお住まいの方には、オンライン教育科での受講も可能です。オンライン教育の詳細は下記のリンクをご参照ください。
https://www.art-shinbi.com/online/

春期講習最終日の講評会では、多くの方が初めての制作だったと思いますが、これからにつながりうる面白いものを見ることができ、講師の方も非常に楽しい時間でした。5月の講評会も、それまでの課題やワークショップも、知恵と勇気を振り絞って一緒にやっていきたいと思います。

それでは、先端芸術表現科でした(画像は春期講習のものになります)。