新宿校油絵科の春

2021年度の春に突入し、春期講習や各種イベントなどで新しい顔に沢山出会います。
それぞれが自分の目標に向かうための春が始まったんだなぁと感じます。

下地イベントで未知の画材と出会い、まずは試してみること動いてみることの大切さを知り、

保護者のための美大説明会では実際の合格者作品を解説しながら見てもらい、油絵科の今のリアルな美大入試に触れてもらいました。
また、推薦入試説明会では今からどう動いていくべきなのか、推薦を受けるための計画の立て方、また大変なポイントなど具体的に話していっています。

※イベント時に見られる数多くの合格者のポートフォリオ※

そして春期講習もたくさんの生徒さんに参加してもらいました。
春期講習では海老澤先生による素描の講義、パースの講義、油彩の講義が行われました。

※パースを説明中の先生※


※パースの講義の時に描くモチーフの為、パース要素多めです※

パースの講義のあとに静物を描きだしたので、皆がっつりパースに挑戦するかと思ったら・・・自由な作品の多さに少し笑ってしまいました(笑)

それぞれが目標に向かって動き出す春、そして春期講習も今日で最終日です。
いい時間になってくれていたらうれしいです。


※モチーフ用に油絵科で育てている植物たちも春になって生き生きしだした※

そして新美の新学期は4月8日から始まります。
新美は芸大はもちろん推薦入試、私立美大入試にも力をいれています。
そのため私立は本当に高い確率で受かっており、芸大も合格率ではほかに負けません!

まだまだ新入生を募集中です。また、無料での体験授業も随時受け付けていますので、気になる人は電話でお問い合わせください。

目標に少しでも近づくために早めに動き出し、共に頑張りましょう。お待ちしてます!

春期講習も後半です。

秋葉原校です。

春期講習始まったと思ったらもう後半ですね。春期はまだまだ実技に慣れていない生徒も多いのでデモストや課題についての説明が多めでした。最初に基本的なことを知っておくことでその後の理解が深まると思うのでしっかりと覚えて一歩一歩進んでいきましょう!

コースは油、日本画、デザイン工芸、基礎科、中学生コースと幅広く展開しています。コースによっては春らしいモチーフで良いですね。。なかなかお花見ができない分せめて校舎で春を感じてもらいたいです。

新年度まだ予備校を決めていない生徒、初心者でこれから始める生徒などぜひ一度見学体験に来て下さい!また秋葉原校はAO、推薦入試の合格率がかなり高いので受験を考えている生徒は一度ご相談ください!

待ってます。

くにたちの春

国立校です。

大学通は桜が満開。

 

 

 

 

 

 

校舎では春期講習会の真っ最中。

 

 

 

 

 

 

 

 

春から真剣に製作し、先生の講評を聞いています。
今年もみんなの成長が楽しみです。

国立校 春のイベント

春の3時間チャレンジ
4月4日(日)13:30-16:30

土曜チャレンジ
4月10日(土)14:30-20:30
4月17日(土)14:30-20:30

画材は本学院で用意致します。
ご参加お待ちしています!

春期も始まりました。新学期の前に。

Withコロナという言葉を、ちょっとずつ聞くようになってきました。共生し、その中で普段の生活を作っていく感じですね。もちろん、感染対策は万全にすることも、大切です。デザイン工芸科は、こう言った新たな形式は、入試の出題に影響していきます。頭の片隅に入れておきましょう。

デザイン•工芸科夜間部です。

春期講習会が始まっています。現役生は、浪人生に比べて描くことの修練の時間が、圧倒的に少なくなります。春期講習会から、しっかりと描く時間を確保してほしいなぁと思います。

 

受験科になっていくと、試験での点数の取り方やいかに減点させないかというところ等に注意して描いていくことが大事になります。ただ描くだけではないということを、しっかり念頭に入れて頑張ってください。焦らず、一年を通して上達していくことも考えて描いていきましょう。

 

さて、今回は今年合格した現役生が描いた、合作デッサンを紹介します。デッサンを楽しんで描くことも大切です。受験後ということもあり、とても楽しんで描かれています。合格ももちろんですが、楽しんで描くことも忘れないようにしましょう。

とても工夫があって面白いです!制作風景も、生徒達で撮っていました。拝借しました。バエる写真の撮り方がわかっているようで、いい感じで撮れていますね!

新学期開始も、あっという間に近づいてきそうです。こちらも新たな準備をしていきます。新年度気合入れてがんばりましょうー!

先端芸術表現コースの春期講習は明日30日(火)から!

こんにちは。新宿校先端芸術表現コースです。

いよいよ先端芸術表現コースの春期講習は明日30日から開講されます。
春期講習のスケジュールは以下のようになっています。これから先端の入試を考えている方、まだ迷っている方にも、先端がなにをできるところなのか、なにを考えようとしている科なのかを、課題を通して伝えていき、経験してもらえることを目指しています。
受講はまだ受け付けています。以下のページからお申込みください。
https://www.art-shinbi.com/season/spring/subject/sentan/index.html

3/30(火) ガイダンス・メディア演習(素材)
3/31(水) タイトルのワークショップ
4/1(木) ★春のスペシャルイベント
映像・先端合同ワークショップ
4/2(金) 総合実技
4/3(土) メディア演習(場所)
4/4(日) 作品制作・講評会

初日の30日は、ガイダンス後に、さっそく演習課題を素材を用いて行っていきます。持ち物は筆記用具などで大丈夫です(もしすでに何か制作されているものなどあれば、ぜひ持ってきてください)。
2日目は、タイトルのワークショップ、と題して、ことばとものとの関係について探っていきます。
3日目は、映像科と合同で行うワークショップ。詳細はまだ秘密ですが、教室にとどまらない課題を行っていきます。
4日目は先端二次試験で課される総合実技を行い、試験のポイントなどを解説していきます。
5日目は場所について。場所と制作というものがどのように関連するのかを、演習を通して考えていきます。
6日目は、自身の興味や関心に基づく自由な制作を行ってもらい、生徒と講師でディスカッションしながら、その可能性を探っていきたいと思います。
これまでまったく作ったことがない、という方でも、まだ形になっていない自分自身の興味や関心を携えてきてくれれば大丈夫です。多くの方の受講をお待ちしております。

現在1Fギャラリーでは合格者再現展示を行っていますが、春期では展示スペースに収まりきらない参考作品も見せながら、昨年度の試験を振り返ってみたいと思います。

それでは、先端芸術表現コースでした。
(画像は今年の総合実技再現のクローズアップです)