カテゴリー別アーカイブ: 留学生

志望理由書について

 

こんにちは、留学生コースです。
少しずつ秋らしくなってきましたね。
留学生コースではこの季節になると、出願や志望理由書の話題で持ちきりです。
出願資料の準備には時間のかかるものもあるので、まだ志望校で悩んでいる生徒は早めに決断し、準備に取り掛かりましょう。
出願資格などについて質問がある場合は、すぐに大学に問い合わせて確認するようにしましょう。

今回は【志望理由書】についてですが、皆さんはどれくらい書き進めていますか?
学校によっては、【研究計画書】といいますね。
これは出願や面接で使う大事な資料となりますので、しっかり考えて書きましょう。
どんなことを書いたらいいのかわからない…という相談をよく受けますが、そういう生徒は、まずは自分のやりたいことから書き始めるのが良いです。
最初に大まかでいいので、やりたい分野を特定する。そしてそこから細分化していきます。

 

例:
やりたいこと ⇨ 情報デザイン

具体的に ⇨ ゲーム

例えばどんな ⇨ RPGを作ってみたい

どんな人に向けて ⇨ 強い不安や孤独感、疎外感を抱えた青少年たち

どうしてRPG ⇨ 遊び手がキャラクターと動作を共有することによって様々な立場の人間を体験でき、共感したり視野を広げやすくなるため



こんな具合にどんどん掘り下げて自問自答することで、自分のやりたいことが具体化していきます。
ある程度掘り下げたら、今度は話を少し広げてみましょう。



どんな課題があるか ⇨ 母国ではゲームに偏見を持っている人たちがいる、ゲームの可能性を提示したい

どんな可能性があるか ⇨ ゲームは娯楽だけでなく、心を癒したり、自分や他者を知る手助けをしてくれる

情報デザインでやりたいこと ⇨ まずは感情の視覚化(色、形、様々なメディアの特性、情報を受ける環境によってどう違うかなど)について研究し、感情の変化などを認識、自覚するための方法を提案したい


このように、将来ゲームを通じて叶えたいことへの第一歩として、大学での勉強がどのような役割を果たすのかが少しずつはっきりしてくるかと思います。
うまく自分に質問をしていくことで、自分の視点や考えを引き出してみて下さい。
アンケートを取るような感覚でやってみると良いかもしれません。

新美では、過去に合格した先輩たちの志望理由書も参考として保管してあるので、
読みたい人はぜひ声をかけて下さい!

 

留学生、イベントやります

 

こんにちは、留学生コースです。

まずはお知らせです。
以前のブログでも少しお話ししましたが、留学生面接イベントをやります!
昨年度新美生であり、現役美大一年生のお二人(それぞれ多摩美術大学グラフィックデザイン学科、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科所属)を招き、面接の再現やトークなどをしていただきます。

 

10月16日(土)17:30〜
※ 夜間部の時間を丸々使ってのイベントとなります(内部生のみ対象)

 

体験談として新美で勉強していた頃の話や当時の参考作品、また大学での生活、最近の制作などなど話題は盛りだくさん。
なかなかない機会なのでぜひ参加して下さい。

↑ ちょうど1年くらい前の写真 先輩たちもみんなと同じ課題をやっていたねえ

 

話は変わりますが、ここのところ、夏疲れ+模擬試験ショック+ワクチン接種で休みがち、落ち込み気味な留学生が増えているような気がします。
本格的に忙しくなればまた変わると思いますが、出願が始まる前のこの時期、集中力が途切れやすくなるのは珍しいことではありません。
うまく気分転換しつつ、自分を調整してあげて下さい。

今、新美では自画像コンクールを実施しています。
こういった課題は、「試験内容と関係ないから」と言って休む留学生がたまにいますが、こういうことを楽しんでやれるかどうかで受験生としてのバランスが変わってくると思います。
モチベーションを保ち、メリハリをつけてこそ試験に臨む態勢をうまくつくれるものです。
というか、、、
「関係ない」とバッサリ切るのは、美術生としてもったいないことです。
関係性を持たせられるかどうかは本人にかかってますから!

 

そんなわけで、これからやってくる入直の季節に向かって、心身ともに備えておきましょう。

次回は、志望理由書をお話をします。
(たぶん)

 

二学期、新しいスタート

 

こんにちは、留学生コースです。

8月30日に二学期が始まり、デザイン・工芸科夜間部では一週間かけて模擬試験を行いました。
もちろん、留学生も参加です。
模擬試験の内容は手のデッサン、静物、卓上、平面構成など志望校によって多少分かれますが、講師が採点したあと部門賞や総合賞に分けて表彰し、全体講評を行いました。

なんと手のデッサン部門、静物部門では、それぞれ留学生が1位を獲得しました!
これを励みに、今後ももっと上を目指して下さい。

 

留学生コースでは、二学期も一学期同様、実技試験に向けて準備を進めていきますが、出願や面接特訓もそこにプラスされるので、やることがどんどん増えますね。
10月に入ったらいよいよ出願準備となるので、調べておきたいこと、整理しておきたいことがあれば今のうちに進めておいて下さい。

中でも特に調べたり覚えたりする必要があるのが、作家・作品名です。
いざ面接練習が始まってみると、日本語が出てこない、なんてことはよくあります。
メモをして、確認するようにしましょう。

 

本格的に面接練習が始まるまでまだ少し時間がありますが、時々面談したりして準備が進んでいるかチェックするので、気を引き締めていきましょう!
油断は禁物です…

 

もうすぐ、2学期

 

こんにちは、留学生コースです。

慌ただしい夏期講習が21日で終了しましたが、皆さんこの夏の1カ月はどうでしたか。
留学生コースではひたすら短時間で描く練習をしたり、面談を通して日本語チェックをしたり、内容は盛りだくさんだったかと思います。
自分でも気づかぬうちに成長しているかもしれませんね!
本当にお疲れ様でした。

 

さて、2学期は8月30日(月)から始まります。
2学期が始まると、いよいよ留学生試験が近づいてくる……
考えただけで緊張する……
という声を夏期講習の終わりから聞いているのですが、いざ2学期になってみると緊張している暇もありません。
今までよりさらに慌ただしく、そしてあっという間に過ぎていくものです。

 

↓↓↓ 9月以降の留学生コースの予定をまとめてみるとこんな感じです ↓↓↓
(※実技指導のカリキュラムに関しては各科実技講師に詳細を確認して下さい)

9月
模擬試験(デザイン科)
留学生面接イベント

10月
面談(志望理由やポートフォリオなどのチェック)
志望理由書作成、添削

11月
出願締め切り(主に五美大)
面接練習開始
入試(女子美など)

12月
面接練習
入試(ムサビ、多摩美、日芸など)
合格発表

 


9月の予定にある「留学生面接イベント」とは、
昨年度ムサビor多摩美に合格した先輩方を招いて実際の面接内容を再現していただく、
というイベントです。
どんな質問をされ、どう答えたか、できる限り本番の様子を忠実に再現してもらいます。
また、教室の雰囲気や面接官の人数、距離感、他の受験生の様子などについても詳しく解説してくれるので、ぜひ参考にして下さい。

このイベントは毎年新美内部生向けに行われていますが、今年も感染対策を十分に考慮した上で実現できたらと考えています。

 

↓↓↓ 画像は去年のイベント時に撮影したもの ↓↓↓

↑↑↑ 合格作品について講師が解説します ↑↑↑

 

今年はどんな先輩が来てくれるのか、楽しみですね。
暑い日がまだまだ続きますので、皆さんしっかり体調管理をして過ごして下さい。
では、また2学期にお会いしましょう。

 

 

本番で言葉に詰まる前に…

 

 

こんにちは、留学生コースです。

 

先日EJUの成績発表があり、留学生たちが若干ざわついております。
各大学が発表した今年度の募集要項をみると、学校によってはEJUやJLPTの要求レベルが高くなっているため、場合によっては受験資格がないかも⁈ なんてことになっている生徒もいるかもしません…
留学生試験で求められる日本語能力は、年々高くなっていることは間違いないようですね。

 

ところで、日本語能力と聞いて皆さんはどんな能力をイメージしますか。
語彙力、文法、読解力…いろいろありますね。
これらは基本的な能力として、EJUやJLPTによって試されます。
ただ、美大受験で求められる日本語能力というのは、それだけではありません。
美術というコミュニケーションにおいての伝え方や日常会話力、また両者のバランスが非常に大切になってきます。

 

聞く・・・伝える前にまず相手の声をよく聞きましょう。何を問われているか、よく考えましょう。

話す・・・自分のことを知ってもらえるチャンスだと思って下さい。「語る力」が問われます。

 

これは、実技試験にも通じる考え方です。
課題を理解し(聞く)、制作する(話す)。
自分の視点で話す練習を、皆さんは普段からしているわけですね。
新美では、この時期から留学生に「自分について話す」機会を多く与えるようにしています。
作品について、やりたいことについて、どんなことを考え、どんな意図があって、どのように工夫しているかなど、それぞれに発表してもらう場面も増えていきます。

何も考えていない…とか言うと、必ず某先生や某先生に怒られます。
毎日いろんな質問をして困らせ、無理矢理しゃべらせるつもりでいるので、留学生の皆さんは、伝える習慣を今のうちに身につけて下さい。

 

カクゴシテテネ