カテゴリー別アーカイブ: 彫刻科


彫刻科 新年度特別特待生募集!

こんにちは!彫刻科の小川原です。今日は芸大2次試験最終日です!1次試験合格者の皆はラストスパート頑張っている頃ですね!あきらめず、最後までやれる事をしかりやりきってほしいです!
さて、彫刻科では新年度、東京藝術大学を第一志望とし、受験に全力で取り組める昼間部の学生を、年間の授業料を半額とする特待生として募集することになりました!
「彫刻割」です!
対象は、以下の要件のうち、一つ以上に該当する者です。
・実技の経験のある者
・センター試験で4割以上取れる学力のある者
・情熱を持って課題に取り組める者
・遠方割りに該当する者
条件は、
・東京芸術大学彫刻科を第一志望とし、一年間昼間部に通える方。
・特待生試験または、奨学生面談を必ず受けること。
です。
新美の彫刻科はとにかく指導が充実しています!なかなか思い通りの結果が出せずにいて悩んでいる浪人生も、今年変われるきっかけになるかもしれません。また、まだ初心者で一から丁寧に教わりたいと考えている方も大歓迎です!しっかり教えて必ず上手くします!
本気で芸大を目指したい方!お問い合わせお待ちしています!

webページのリンクを貼っておきます。お電話でのお問い合わせも対応しております。


注)面談の結果、対象要件・条件に満たない場合は
特待生として認可されない場合がございます。予めご了承ください。


彫刻科 芸大1次前日!

彫刻科の小川原です。この3日間で皆ぐっとレベルが上がり、頼もしい限りです!これまでやってきた事が作品としてまとまったのだと思います。
今の自分が、自分史上最高に上手いんだ!という自信と、どんなに調子が良くても疑いを持って作品とモチーフを見比べる謙虚さ。両方を試験会場に持っていってください。

2月後半の秀作を課題毎に1作品ずつ紹介します。

白の美しさが魅力的な作品です。密度も高く、良いですね!


顔や足の作り込みが良いです。全体のフォルム感もgood!


ラオコーンのスケール感を捉えた調子がいいですね!


普段あまり取り組まない像ですが、しっかり理解して合わせられているのが良いです!


顔の印象が良いです。完成度の高い作品になりました!


表面的につくり込む事よりも、とにかく印象よく合わせていく姿勢が良いですね!


光の印象が良いです!髪の毛の描写も魅力的。


顔も似せていきつつ、ターバンもしっかり合わせてきているところがさすがです!


実際の像を触っていくような触覚的な表現が良いですね!


顔の印象がとても良いです。自刻像としての向き合い方が表現に合っていると思います。


構造的に良く考えられた表現が出来ています。完成度もgood!


ジョルジョはメジャーな模刻のモチーフとしては一番難しい像だと思います。それにしても良い作りをしていますね!


ジョルジョのこの位置はかなり難しいですが、調子の変化を上手く使って自然な量感に置き換えられています!


5時間半で奴隷をここまでつくれるなんてすごいと思います!


円盤投げは動きを合わせるのが難しい像です。横位置はシルエットがとりやすいですが、それ以上に空間的な印象が良いです!

全ては載せられませんが皆よい出来でした!特に前日の今日の感じ!いいですよ!
明日は今までの延長だと思って普通に1枚描いてきてください!
講師全員で応援しています!!!


彫刻科1次試験!いよいよです!

学生の皆さんに講師からエールを送ります!!

小川原
僕はこの1年、皆さんに教えるべき事、上手くする為に考えられる事を全てやってきたと自信を持って言えます。皆さんが身につけた力はダテじゃないです!!だから本番はどうか力まずに、僕ら講師がいつも言っている事を思い出して、当たり前にやるべき事を責任を持ってこなしてきてほしいです!
まずは目の前にある魅力的なモチーフをしっかり観察し、理解を深めてください!あとは制作を始めれば何をすべきか自ずと見えてくるはずです!
普段以上の物を目指す必要は無いです。自分の作品を置いてきてください!!

氷室
予備校界では、新美での指導が一番厳しいのではないかと思っています。その中を乗り切ってきた皆さんですから、きっと結果はついてきます!
他人と比較するのではなく、最後は自分と戦ってきてください!
健闘を祈っています!

新妻
いよいよですね!上手くやってやろうと意気込むというよりは、この1年で積み重ねてきた「自分の実技」を試験会場に置いてきてください。試験会場の張り詰めた空気感は集中して物をつくるのに最適です。冷静さと情熱を持って臨んできてくださいね!

野村
当日とにかく落ち着いて!と皆さんに声をかけましたが、本当は思いっきり不安になっても緊張してもいいと思います。1年間必死にやってきたのですから、それが当たり前だと思います。試験会場にいるのは特別な人やすごい人達ではありません。何があっても大丈夫です。自分に自信を持ってください。

臼田
いよいよですね!
自分のやってきたことを信じて、熱く、時に冷徹に、そして楽しく制作することが出来れば必ず良い結果につながると思います!!
みんなのことを心より応援しています!!


彫刻科 いよいよです!

私大の入試がほとんど終わり、残すところは国公立を残すところとなりました!
目指していた試験がいよいよ間近に迫る中、どんな心境でしょうか。
1年間培ってきた力をいよいよ試せる日がやってきました!

まだまだここからの粘りで、本当に入試の前日まで発見や気づきがあり、当日の実技でも伸びていきます。
いよいよ、ここからです!
普段通り当日へ挑める様に体調も管理していって下さい!

「素描は全ての芸術の基礎である」
「私の考えでは、実際にものを言うのはもっぱらデッサンだ。少しでもデッサンをものにできれば、他のことは皆できるようになるだろう」
ジャコメッティはこの様に言っています。
ジャコメッティ自身もラオコーンを模写したり、たくさんの模写をしていました。

葛飾北斎の模写

水平や垂直、空間を感じながら、デッサンや実技から得た、自分なりの物の見方は財産だと思います!
今、ここに居る事に自信を持って当日を迎えて欲しいと思います。

さて、ここからは最近の作品を紹介します!


逆光の難しい位置ですが、描写がジョセフの持つ雰囲気をうまく捉えています!


独特の描写が目を引きます。髪の毛や帽子、表情、布感の描き分けが良く出来ています!


引きで観ても離れて観ても、強いデッサンです!表情も似ています。


こちらは現役生のデッサンです!
炭の発色の良さ、また、一番難しい体の捉え方と描写がとても綺麗です。上手いですね!


こちらも現役生のデッサンです。
ピッタと張り付いていく炭が奴隷の持つ体の緊張感にフィットしています!


顔の奥行きが惜しいですが、伸びと縮みの関係がとてもしなやかに魅力的に表現できており目を引きます!


言い切りのある明快なデッサンです!かっこ良いジョルジョですね。


上手いです!印象が良く、視点を感じるスケール感と空間が良く表現できています。


顔の形の追い方も良く、全体感と描写のバランス、光、空間が上手くまとまっています!


組石膏の意図を明快に感じる1枚です!印象はもちろん崩さずに、それぞれの素材感、置いてある状況説明が上手です!


こちらは留学生のデッサンです。
難しい位置ですが、言い切っており何も言う事ありません!


6時間弱の時間で、ジョルジョをこれだけのクオリティーまで上げられるのは凄いです!


言う事がありません!似ています!模刻もここまで来たら卒業しても良いくらいですね!


アバタも難しい像ですが、決して表面的になる訳でもなくしっかりやり切っており上手いです!


朴訥とした塑像がとても魅力的で目を引きます。この様な塑像は1日にして成らず!なかなかこの様な塑像には巡り合えません!


じっくり360度、観たくなる作品です。影の印象も良く拾えており、魅力的です!


実直な仕事です。首像で1番大切な、本人の眼差しを感じる作品です!


塑像は何と言っても光と影のバランスです!この作品は影がとてもしっかりと入っていて印象が良く、上手です!


柔かい印象も在る中に、ピリッと効いた眼差しがカッコ良いです!


進む方向は合っています!もう一息、頬骨やおでこの骨格が明確に表現できれば、かなり印象が良くなります。


こちらは、高校2年生の作品です!
素晴しい観察力と表現力です!これからが楽しみでなりません!

今回は以上です!
彫刻科 芸大入試直前にもう一回ブログの更新があります。担当は小川原主任です。
講師陣からの応援メッセージも一緒に掲載予定ですので、良かったら観てみて下さい!


熱いぜっ!高校生石膏デッサンコンクール

こんにちは、全科総合部です。

いや~昨日は、センター試験二日目でしたが

あつかったです!!

いやいや天気は良かったですが、野外は暑くはなかったですよね。
センター試験受験者の皆さん、お疲れ様でした。

何があつかったというと、新美の高校生石膏デッサンコンクールが熱かったです!

もちろん、高校2年生までの全専攻全学年で石膏デッサンを競い、励んで描いている姿も圧巻でした!
その200人近くの中から、結果、1位のトップを獲られたのがなんと!?・・・・・・。
描き始めて間もないということでしたが、素晴らしい石膏デッサンでした。
芸大の1次は通るのではなかろうか、という点数もいただいています。
このような貴重な才能を持っておられる高校生も、全国にはいるのだなあ~と、
焦りをも感じた次第です。

そして今回の「デッサン解説」。
こちらも熱かったです!!

新美の誇るスパー講師、彫刻科の小川原先生、デザイン科の増田先生が
同じ石膏像(ヘルメス)を1時間でどこまでできるのか?ガチンコ描き出し勝負です!

最初にポイントを述べて描いていただきましたが、本当に凄かった!!
しゃべることなく真剣に黙々と描かれていましたが、それを見ている受講生の皆さんも
飽きることなくじっと見入っていました。メモを取る人、2人を比較してみる人、
きっと次のデッサンに役立つこと間違いありません。
描いている先生の気迫!見ている受講生の気迫!一緒に教室にいるだけで、こちらまで緊張感がビンビン感じられました。

そして、各科の先生方も熱く講評をしていただきました。

本当に受講生の皆さん、お疲れ様でした。
今回、上手くいかなかった人も、また3月にリベンジ戦がございます!!
新美のホームページをチェックしていてください。そちらでも告知致します。
それまでに、鍛えておいてください、楽しみみしています!がんばりましょう!!

講師の先生方もお疲れ様でした。