カテゴリー別アーカイブ: 彫刻科

彫刻科:11月になりました

こんにちは、講師の新妻です。公開コンクールも終わり、二学期もあとひと月ほどです。

採点、講評をした感想としては、もっと席から観た時のモチーフの印象をじんわり味わって、絵の見え方が複雑化する前の要素(主に構図、比率、動き、視点)を大事に考えて欲しいなぁと感じました。6時間の制作時間の前半戦ですでに勝負がついているデッサンが多かったんじゃないかなと。モチーフの魅力に繋がる要素をどれだけ見つけられたか、どれだけ冷静に絵の状態を把握できていたかがそのまま順位に結びついている印象を受けました。

と同時に、描き手それぞれの熱量やストロングポイントが伝わってくる作品も多くありました。試験までの残り時間で何を課題として考え、どう対策して良い方向へ自分を導いていくか、そのきっかけを掴むためのイベントになっていれば幸いです。芸大受験、特に彫刻科の受験に関しては、個々人の独創性や特殊能力バトルではなく、いかに自分が気をつければできる「普通のこと」を冷静に判断して現場に置いてこれるかが勝負の分かれ目になります。是非「判断する力」を養ってください。

では最近の秀作紹介に移ります。

公開コンクール1位作品でした。シンプルに、一番ブルータスを構成する要素を正確かつ明快に捉えていたデッサンでした。頭部の描写やカッティングラインのヌルさなどまだ突っ込みどころはあります。

描写の密度と空間のスケール感が気持ちいい一枚です。手前肩の、光を受けていながらも奥の顎に対して迫り出してくる距離感がもう少し出るといいですね。

仕上げに向かう中でも固く単調な方に向かわずに自然に形を詰めていけました。首の張りと頭部の密度のテンションなどはまだ深追いできそうです。

きちっとやりきりました。その過程での「実感を伴った土付」が、基本的なバランスを合わせて以降の模刻には必要不可欠です。

今まさに落下してきたような動きのベクトルが魅力的な構成になりました。仕事の段取り、気遣いと警戒、作り込みの精度と踏み込みなど、トータルコントロールが至極真っ当なやり取りは見守っていて安心するものがありました。

シンプルな構成ですが、逆にいえば構成で余計なことをせず、作者の模刻力の高さを自然にアピールできている点で確実に評価できる作品といえます。配置でカッコ悪い見え方を避けていく、それだけでも自然に良いものになるんです。

夜間部、基礎科生の作品です。

ガッタメラータらしい厳しく高潔な表情をよく捉えています。体、顔に対して、頭部全体の形態感がつかめてくると尚良いですね。

今までにない空間性とトーンを駆使した光の表現が魅力的です。顔の表情がもう一歩迫れるとさらにカッコよくなりそうです。

今回は以上です。ではまた。

彫刻科10月後半の預かり作品。

こんにちは。彫刻科の小川原です。2学期は公開コンクールなどイベントが目白押しですが、積極的に参加してポジティブに受験に向き合う姿勢を意識してほしいです。

例年見ていてこの時期に勢いを絶やさずできる人はその年に合格していくイメージがあります。逆に今の時期から息切れしてしまっている人は入試直前になって焦って取り組んでも間に合わないということですよね。どんなに経験豊富であっても受験の世界において「絶対」というものはないので、後悔が残らないようにやれることは全てやっておくことが一番大事だと思います。
だれてしまった時期があって、入試に落ちてから「あ〜、あの時しっかりやっていたら結果は変わっていたかもな。」と少しでも思ってしまったらそれはその後の人生にずっと残ってしまうと思います。
それ以上やりようのないくらい努力した1年を過ごせたならそれはどのような結果になったとしてもそれは「自信」となって獲得していけるでしょう。

今年度ももう折り返してしまっています!徹底的にやり切っていきましょう!

それでは10月後半の預かり作品の紹介をしていきます。

昼間部生の作品。
美しい空間表現です。顎のあたりにもう一つ塊感があるということ無しです。

感覚的にとらえた炭使いが魅力的な作品です。奥の表現が単調なのと、もう一つ手前の表現に緻密さが増すとさらに良いと思います。

円盤の頭部模刻は動きと構造を捉えるのが難しい課題なのですが、よく合わせられています。

手前の肩に厚みを出したいところですが、全体に見切った調子の表現が心地よいです。

方向性は良いのですが、顔の表情がさらに似てくるといいですね。逆光の中でうまく空間が捉えられました。

とて任意の質感の物質というテーマで作りました。物体の方のクオリティをしっかり上げてこれていて好感が持てます。

全体に完成度の高い作品だと思います。手のひらを隠すような構成は難しいですが、よくできていますね。

夜間クロッキー教室での1枚。場の状況が伝わってくるような臨場感を感じます。線に緊張感がある。

形の探りに決めつけや観念がなく、自由に表現と向き合えています。柔軟なやりとりが素晴らしいです。

基礎科の生徒も頑張っています。

重厚な表現が魅力的です。逆を言うと空間的な抜けが弱いので、「美しい」と感じさせる要素がもっと引き出せると良いと思いました。

光の表現が魅力的な作品です。特に頭部の完成度は高いです。胸はまだ単調な作業が見えてしまうので、単純に見えるところほど触覚的に描いていくことを意識していけると良いです。

あっという間にできてしまいましたが、動きやバランス、完成度もとても良いです。ここまでできたら地山の表現にももっとこだわって自由に表現してしまって良いです。

 

以上です。

人によって分かっていること、分かっていないことはバラバラです。自分は何を意識して課題に取り組むべきか常に意識しましょう。日々努力する中で、常に少しずつでも前進していけるように、目的を明確にして取り組んでいきましょう!

彫刻科:9月後半の 授業作品紹介

こんにちは、講師の新妻です。

すごしやすい気候になってきましたね、制作が捗ります。

もうすぐ各予備校の公開コンクールラッシュです。それが終わると今年の受験期も折り返し地点かなと思います。まだ実技が完璧ではなくてもいいので後半戦に向けて自分の現在地と何をするべきなのかは冷静に見定めていたいところです。

では授業作品の紹介に移ります。

ヘルメスらしいゆったり柔らかな形態感を感じる一枚です。頭部に対する顔のはまりにまだ若干の固さを感じます。平面座標的な観点に多方向から見たときのイメージも重ねていきましょう。

視点とスケール感が気持ちいい一枚です。描写に関してはそこまで密ではないですが、やり切って不和が残るよりも良い選択です。

講師がモデルを務めました。見知った人物を1日制作した粘土の活きの良さがうまくでています。首回りはまだふわふわしています。

嵌め込みが心地よいクロッキーです。この波の乗り方をデッサンでも常に感じていたいものです。

第一印象がよくてスッキリかっこいいです。固さは減ってきているので横位置ならではの厚みの意識をさらに序盤から組み込んでいきたいです。

顔がちょっと広めですが難しい円盤投げの構成をよく捉えています。模刻力は大きな武器です。ここを盤石なものにしつつ、物づくりをする上でのウィークポイントを淡々と減らしていくのも多浪生の戦い方です。

 

続いて現役生、基礎科生の作品です。

 

描き出しから最後まで良いテンションで時間を使えていました。まだ形の狂いや単調さはあるので、「今、良い感じなのか?どう見えてるのか?どう伝えたいのか?」を前向きに意識していきましょう!

スタートから感覚的に良いバランスで進めていけました。少し荒付の名残で細めですが、自分なりの気付きと彫刻的ポイントの指摘を組み込みながら像に近づいていく姿勢を今後も大事にして欲しいです。

基礎科生らしからぬ精度の高さと粘土の表現力です。作者持ち前のカンの良さはもちろんありますが、細かな知識や熟練の技術がなくても見えているものの美しさやカッコよさに真っ直ぐ向かっている、その方向のブレなさが一番大事だよなーと常々思います。

今回は以上です、ではまた。

彫刻科 2学期スタート!

こんにちは!彫刻科の小川原です。2学期がスタートしています!僕は入試において、夏期講習と2学期をセットに考えて、この部分は1年の中でもそれぞれの作品観を深めていくのに最も重要な期間であると思っています。失敗も全然あっていいので、どんどん挑戦し、視野を広げていって欲しいと思います。

また、2学期はコンクールなどのイベントが目白押しです。節目節目で現時点での実力を確認した上で、目標を明確にして突き進んでいってください!

それでは9月前半の秀作を紹介します。
昼間部生の作品

自刻像です。かっちりと仕事をやり切っていて良いです。これまではかっちりしていても骨格そのものの狂いが目立ちましたが、それがないのですっきりと印象が見えてきます。

やや表現にかたさがありますが、以前よりずっと安定した作り込みができるようになりました。特に前半はもっと粘土を動かしながら生命感を捉えていくような実感が持てると良いです。

紆余曲折ありながら、結局は素直な見方に戻ってきましたが、正直それで良いです。現時点ではどんなにうまい受験生であっても「彫刻」として考えたら経験不足であるので、まずは素直にものをとらえる方向性で答えを出すことを目指して欲しいです。

意識が高まってきています。まだ知らないことや、油断するとつまらないことにとらわれてしまってコントロールを失うことも多いですが、相当気をつけてここまで来れています。この調子でいきましょう。(目がもう少し自然に印象が捉えられるとさらに良い作品にできます)

メリハリがあって明解さが魅力的な作品です。顔は顎(エラ)の形がゆるいのと、手前の目がもっと似せられると良いです。が、そういったことも今後の目標として示した「まずは塊として画面内に置く」という考え方、捉え方に挑戦し、得るものがあれば一気に解決してしまうと思います。

普段は悪くないけど終わりが決まり切らないということが多かったですが、今回はしっかり完成度を上げてこれました。「人に見てもらう」という事を常に意識して取り組んでください。

ピタッとした土づけの質が緊張感があり魅力的です。構造面に関しては最終的に見ないでも作れるくらいの判断力を身につけられると良いです。

かっちりした言い切りが魅力的な作品です。さらに挑戦的なポーズを試みてみても良いかもしれません。

勢いのあるポーズが良いです。関節の表現はやや弱いので、さらに引き締めていきましょう。

基礎科生の作品。


抜群に印象が良いです。色が形になりきっていないところもありますが、これだけ意欲的にモチーフを捉えられることに感心します。
ジョルジョを難度の高い位置からこれだけ捉えられたら立派なものです。作品やモチーフに対峙するテンションがとても良いです。何より自分の意思をしっかり持って画面を動かしていること。これがいいです!このデッサン に関しては、やや頬の印象が痩せているかなと思いますが、全体の印象はとても良いです!

 

2学期はそれぞれに乗り越えて欲しいテーマを与えて行こうかなと考えています。なんとなく日々の課題をこなすのではなく、目的意識をはっきり持って挑んでください!

彫刻科:9月になりました

 

こんにちは。彫刻科です。

もう9月ですね。今年度後半戦スタートです。

夏季講習後の休み期間過ごし方はそれぞれだったかと思いますが、うまくリフレッシュできましたか?

どこか出かけたり映画や本を見たり自分の好きなことを彫り下げてみたり人と話したり……実技以外のインプットの時間を作ることは客観性や知識・アイデアを得るために大事なことです。

予備校で手を動かさない日常の中にも実技に活かすことができるヒントは数多くあると思います。

 

今回紹介します学生作品は手と布の構成です。

手はずっと自分の視界にあるとても身近で複雑なモチーフです。

選ぶポージング、指先の力の込め具合、関節の曲げかた一つで見る人へ与える印象が変わります。

毎日見て使っているものですから狂いは相手にすぐに見つかります。しっかり捉えたいところです。

 

1作品目

布を拾い上げる自然な動作を取り込みました。指先のつまんでいる付近の作り込みや、チラッと反対側への抜けを作ることで軽やかさを出しています。布の表情はもうひと粘り欲しいとこです。

 

2作品目

先ほどとは対照的な作品です。布の構成となると空間を大きく使いたくなりがちですがこれは前腕まで作って一つの塊として質感の違いを追いながら作ってます。

螺旋に螺旋を重ねてる感じはちょっと新鮮に見えますね。

 

本日は以上です。

実技頑張っていきましょう!