カテゴリー別アーカイブ: 彫刻科

彫刻科 近況

彫刻科講師の氷室です。
2学期は自分の殻を破っていきたい時期ですね。守りに入らず積極的に自分の課題に対して変革を求めていって欲しいです。
自分で見えていない点が掴める瞬間が出てくるのも、この2学期かもしれません。
ここでの踏ん張りが大事な時ですね。

予備校だけでの最高点ではなく、大学へ行っても通用する見方を養って行く!くらいの実力を目指していっても良いと思います!
全てはそのための通過点です。

ここからは、最近の秀作を紹介します。


熱いデッサンですね!!見上げている体の量感がかっこいいですね。特に肩周りの表現が上手です。もう少しだけ後頭部と表情も詰められたら、完成度が上がったと思います。


色味が魅せる空間が綺麗で、目を引く1枚ですね。ジョルジョの大きな立体感を豊かに捉えられています。体は特に上手です。向かって左の頬骨の奥行きが出せるとなお良かったですね。


こちらも熱量を感じる強い1枚です。体の中身の形まで感じますし、良く考えられていて触れる様な密度があります。鼻の形がもう一歩惜しいですが、ここまで追い上げていくエネルギーが魅力につながっています。


難しい位置ですが、見上げた視点から肩に抜けていくスケール感が好印象です。前頭葉周りの描写をもう一歩詰められると、さらに印象が良くなったとお思います。


少し頭部の印象が横に広いですが、木炭の色味の幅が広く、炭の扱いがとても美しいなと感じます。離れていてもダントツこの美しさが目立ちます。デッサンの醍醐味を得ていますね。


逆光側で顔の形の表現が難しい位置ですが、印象や動きがパジャントらしいなと感じます。らしさを引出せることは客観的に絵を判断できている証拠だと思います。


手前の洋服の布がカッコよく描けており存在感があります。鼻周りの印象が惜しいですが、頬周りの描写にはさりげなく密度を感じさている点や抜けのなさには、作者の実力を感じます。


形も印象も良く捉えられており強いデッサンです。目を引きますね。黒がや似ているので全光側の爽やかな印象につながれば最強だと思います。


印象もよく強さもありながら、空間や視点、特有の形態感も全てを掴まえにいけています。魅力的なデッサンですね。ここまで描けると楽しそうです。


見上げているスケール感、炭のライブ感が好印象です。もう一歩手前の腕の形に臨場感があれば文句なしです。


こちらは現役生のデッサンです。目の印象が惜しいですが、ヘルメスらしい形の起伏を力強く表現できています。視点も感じますし、この調子です!


こちらは現役生のクロッキーです。空間、視点、形の成り立ち、バランス、輪郭を瞬間的に感じ、1枚に取り込めています!上手ですね。


バッチっと仕上げてきましたね、上手いです!! この調子で行きましょう!!


ジョルジョの表情、髪の毛の印象を上手く自分に取り込み、表現できています!胸鎖乳突筋、頬骨周りも、影で形が見えてくると最高です。


やや目の位置が高くも見えますが、それを超えて粘り強く追えています。全体的に抜けが少なく仕上げてこられるのも実力ですね!


まだ荒い部分もありますが、目の印象や構造の組み立て方が上手で、完成はしていなくても目を引きます!こう言う彫刻として追いかけたい動きの捉え方はさすがですね!


少し大きくて傾きが惜しい点もありましたが、形態感が強くて目立ちます!印象も似ています。引き続き今回の様に、やり切っていく楽しみを感じていって下さい!

今回は以上です。
今、みんな伸びてきているので、入直へ向けて安定した力にしていって下さい!

彫刻科 2学期スタート。

こんにちは!彫刻科の小川原です。熱い夏期講習が終わり、2学期に突入しました!実力もついてきて、盛り上がっていますね!

さて、2学期はコンクールイベントが目白押しです!気合入れて挑んでいきましょう!
というわけでお知らせです。9/20(日)に全科合同石膏デッサンコンクールを開催します。8時間制作で、科の域を超えて現時点での石膏デッサン王を決定します!内部生、外部生問わず、意識の高い学生の皆様の参加をお待ちしています!
ちなみに昨年度の1位の作品です!昨年度は2日制作(12時間でしたが、彼は1日描きでした。恐ろしい完成度です)

その時の僕のデモスト。今年も参加します!今年はデザイン科講師の山本先生と一緒にデモストとデッサン解説を行います!

さてそれでは彫刻科の優秀作品(冬季講習後半〜現在まで)の作品紹介をしていきたいと思います。
ジョルジョ模刻
ジョルジョは顔のニュアンスまで似せていくのが難しいですが、よく捉えられています!


3次元的に動きがよく見れていますね!彫刻的に重要な点が理解できていると思います。

マルストルソ

光から陰への移り変わりを、形の起伏(もちろん断面のボリュームも)をよく感じて表現できています!


特に背中やお尻の力強い量感の表現が良いですね!

グデア
素晴らしい精度です!形の説得力を出した上でターバン表面のレリーフも作りきっています!


グデア特有の緊張感のある詰まった形態感の特徴がよく出せています。

ジョルジョ(木炭紙でのクロッキー)

この段階でジョルジョを捉えるビジョンが見えています。手を動かす感覚をジョルジョに合わせてこれていますね!

ジョセフ


これだけ大きなモチーフで関係性を狂わせず、コントロールする力は素晴らしいと思います!そっくりですね!

円盤投げ(3時間)

自然に印象が捉えられていますね!動きや力の入り具合もよく捉えられています。

アムール

全身をイメージしながら作ることが大事だと思います。この作品は体の動きも感じさせてくれます!

メディチ(クロッキー)

目的を持ってクロッキーができていますね!どんな表現であれ、どんな描画材を使っても、こんなふうにかっこいい作品を目指して欲しいです!

以上です!それぞれ自分のリズムが掴めてきていると思います!この調子で頑張りましょう!

彫刻科 夏期講習

彫刻科講師の氷室です。
舟越保武さんの『まなざしの向こうに』と言う作品集の中で、ご子息であられる彫刻家の舟越桂さんが、この様な言葉で保武さんの彫刻を表現されていました。

「制作中」の父が最も心がけていたのは、立体としての強さや、確かさのようなものだったと思う。
空間に、あるいは空気圧に敗けない形になっているか。
囲んでいる空気圧を押し返す強さを内包しているか?
そういう作業をつづけた後に、何が現れてくるのかをチェックしていたのだと思う。
強い土台がなければ美しさは遠くまで伝わっていかないのだと思う。

まさにみなさんが、特に模刻や首像で求めていっている闘いの延長の1つが、ここに有るのではないでしょうか。
彫刻という言葉を自分なりに分解して考えてみる どんな魅力があるのかどんな憧れがうまれるのか
課題の中で動いていくだけでなく、こういう自問自答も大事だなと思います。

さてここからは、最近の優秀作品の紹介です。

外国人のモデルさんの首像です。

上手です!似ていますし、表現としてもやり切った感がありますね。


モデルさんにそっくりです。ドレッドヘアーの表現も素晴らしいですね。


モデルさんにそっくりです。骨格も意識しながらしっかり作りこんであり秀作だと思います!


形をしっかり面で押さえながら、奴隷の持つ美しい張りと流れをピタッと追えており、模刻のプロセスとして、とても良いイメージで制作が出来ています。


台座から立ち上がってくる鳩ならではの軽やかさとともに、形態感もしっかり捉えられており上手です。地面と足の間にある空間の魅せ方が素晴らしく効いています!


こちらもシュッと伸びた瞬間の鳩の動きを、360度違和感なく表現てきていました。小さいので繊細な判断が求められますが、冷静なコントロール力が発揮された作品です。


バランスをとることが難しいモチーフですが、バランスが綺麗に取れており、かつ鳩らしい毛の表現力が色々な形で入っており魅力的です。


回り込みにやや硬さもありますが、ラオコーンらしいズバッとした形の言い切りと厚みに対する表現力が、かっこよい1枚です。


組石膏で気にしたい最大のポイントとなる、モチーフ間の空気と作者の視点がきちんと描けています。台座と牛骨の接点や角の持つ緊張感が綺麗ですね。

夏期講習第1回目のコンクールは円盤のデッサンでした。
同率で2枚のデッサンが1位を獲得しました!おめでとうございます。


円盤の知っておきたいポイントを網羅しているデッサンです。特に背面側の回り込みの観察と表現が効いており、円盤の持つ捻じれが自然と描けているのが良いですね。


難しい位置ですが、倒れずにしっかり形を取れていることに実力を感じます。きちんと背中も見えてきますね。形1つ1つの探りと掘り起し方がとても上手で、円盤の動きを良く捉えています。

ここからは現役生の作品です!現役生も上手です。


難しいモチーフですが顔の印象がとても似ています。光に対しての炭のコントロールが上手で、1つ1つの形に濃いリアリティがあります。レベルの高い1枚です。


逆光側は難しいですが、大きなベースを維持しながらしっかり形を描き込めていることに実力を感じます。立脚の力強い探り、顔の厚みの表現力も素晴らしいです。


現役生で鳩をここまで捉えてくる観察力は素晴らしいです。360度回して観ても破綻が無く、まるで鳩がそこに生きている様な、そのまま動きそうな自然さで、骨格やバランス、表現力がまとまっていました。

さすが夏期講習!良い実技がたくさん出ています。
明確になってきた自分の課題に、さらにもう1歩踏み込んで残りの講習会を走りきりましょう!
水分補給はマメに。体調にはくれぐれも気をつけて無理はしない様に。

氷室

彫刻科優秀作品紹介。

こんにちは!彫刻科の小川原です。1学期後半でそれぞれの課題が見えてきたところで早くも夏期講習に突入です!
それではここまでの優秀作品を紹介していきます。
ジョルジョの模刻。

カッチリと作り切った上で印象を合わせてきました!人体として、またジョルジョを理解して模刻が出来ているところがすばらしいです!


面の捉え方が少し大雑把なところがありますが、ピントの合わせ方がうまいですね!印象がはまっています!

円盤投げ

彫刻的によく考えられていますね!実際に紙の中に円盤を「再現」していく感覚でないとこうはいきません。デッサン を見て模刻できそうな内容です!


横位置でも意外と難しいのが顔側です。動きもよく捉えられ、顔も似せてこれていますね!

マスクと手

弥勒菩薩の作りがとても良いです。西洋彫刻よりもニュアンスを表現するのが難しくて、形を写しとる感覚だけでつくっていると悪代官みたいな表情になりがちなんです。手の添え方も魅力あります!



手を2つ作るのは時間的にもバランス的にもかなり難しいことだと思いますが、模刻も似せてきた上でかなりやりきってくれました!すばらしい完成度だと思います!

クロッキー

ペンでジョセフをクロッキーしました。頭部はもっと突っ込んで描いていって良いです。しかし構図もバランスも印象も、短時間でよく捉えられていると思います。体の形態感の見せ方も良いです。


木炭で気配を探った後にペンで描き込みました。印象を探ることに対する柔軟な姿勢が良いです!作品としての魅力がありますね!

ジョセフ

この時期ですが試験時間で描いてもらいました。とても印象がよく、充実した完成度を感じます。間違わないこと、直すこと、合わせること。様々意識しないといけないですが、結局見る人の心を動かすのはそれ以上の作品の中身ですね!この作品はそうした部分にしっかり引っかかってきます!

夏期講習中にそれぞれ1つでも2つでも、これはという作品を出しておきたいですね!それが2学期以降の制作において重要な指針となるはずです!気合入れていきましょう!

彫刻科近況

こんにちは!彫刻科の新妻です。
あっという間に7月になり、夏期講習が迫ってきました。体調管理に気を配りつつ、課題一つ一つに目的と狙いを持って取り組んでいきましょう!
前回の更新以降の預かり作品の一部を紹介します!

ヘルメスらしい構成と地道な仕事がマッチしていて良いですね!頭部の立体感もしっかり捉えられています。

この位置から見たときの、張りのある奴隷の印象がダイナミックに掴めていました!

動きの印象と光の美しさが奴隷の恍惚とした表情を引き立ててますね!

十分受験塑像としてのスキルを持っている作者ですが、イメージできる段取りとしての着地点から、さらに表現を少し探ることができました。作家としてさらなる模索を期待しています!

後半作り込むことで構造の歪みやパーツの浮きが気になる人物像が多かった作者でしたが、全体の調和がよくとれた作品になりました、この調子です!

弥勒菩薩は稜線の関係などが捉えられないと似てこないモチーフの一つですが、らしさを掴んでます!手のポージングも綺麗です。

手との絡みに物語を感じます。マスクの形態も密度があり、じんわり観賞できる良さが魅力的です。

夜間部生の作品です。

光の射し込んできた印象がとてもかっこいいです!手前腕の量感と顔面はまだ近づけて行けそうです!

抱えられそうなボリューム感が魅力的です!画面端の頭部の言い切りをもう一押し!

今回は以上です!夏前のコンクールで現時点での力が出し切れるように頑張ってください!