カテゴリー別アーカイブ: 彫刻科

彫刻科 春期講習が始まりました

昼間部講師の氷室です。
春期講習は1課題が2日制作と言うこともあり、人体デッサンやモデル首像など普段回数が少ない課題にも余裕を持って気持ち新たに進められています。
しっかり地山を固めていきたいですね。

春期講習途中ですが預かり作品を紹介します。

ヘルメスのデッサン

さっぱり追うとしっとりし、追いすぎると肉々しくなりますが、そこを冷静に判断しながら、良く探れています!
炭幅も豊かで、表情や髪の毛へもしっかり描写が入っていて、とても魅力があります。良い1枚が出ました◎

モデルさんの首像
骨格を意識してモデルさんを通して理解したことを表現とともに出して行きたいです。
ただ写すだけでなく、自分のフィルターを通した結果が作品に見えてくると、ワンランク高い作品になってきます!
今の時期の試行錯誤が、結果、今しか作れない魅力ある塑像作品へつながります。


力強い表現力、形を拾う力、ここまで隙なく作れる感覚、素晴しいです!予備校のレベルを超えていきそうです!


魅力的な塑像です。外側には見えない、モデルさんの内在するどこか儚げな意識を感じた作品です。付けまつげも良く表現出来ており、効いています!


モデルさんの持っている意思を感じさせる作品です!首像のポイントをほとんど理解した上で、しっかり表現をまとめて来ており、目を引きます!


モデルさんの些細な動きや目線を独自の意識を持って取り入れ、かつ丁寧に追いながら表現で来ています!纏っている空気と温度までも感じさせてくれる、力強い作品です!


粘土と言う素材が作品として活きてくるまで作業がやり取りできており、魅力があります!粘土である意味が感じられてくると、塑像が楽しくなってきます!

今回は以上です。

春期は現役生もしっかり参加してくれており、潜在ポテンシャルに驚きつつ、私も混じってヘルメスのデッサンとモデルさんの首像を一緒に制作させてもらいました。
(アバタ模刻も制作している途中なので、またいつか紹介できたらと思います)


横位置なので、よりニュアンス的にはなってしまいますが
あまり理論的に光と色を考え組み立てていけるタイプではないのですが、とにかく見えている目の前の物を、全て画面に描きたい!と言う気持ちで、それなりに立体として表現するには!?と頭を回転させ描いています。
どちらかと言うと見えた通りにまず描いてみてから、頭の中で構造や動きを成立させていくために色をまとめて行く流れです。
タイプは少し違いますが、構造や動き、空間、光、求める彫刻的結果は一緒です。
こんなデッサンもあります、たまには。


モデル首像は、やはり魅力ではみなさんの方が上かもしれません!

春期の取り組みは、既に確実な1歩になっています!

彫刻科 入試を終えて

こんにちは。彫刻科の小川原です。今年は芸大に2名の合格者を送ることができました。また2021年度入試に向けて全力で取り組んでいきたいと思います!

今年の芸大の入試課題はジョセフに始まり、彫刻Ⅰでは身体をテーマにした彫刻。彫刻Ⅱではアバタの模刻が出題されました。ということで、僕がこれまで長年指導をしてきた中で特にお気に入りの3点を紹介します。

これは前回彫刻科でジョセフが出題された時の合格者の入試再現です。何より全てにおいて印象が良いと思いました。雑味なくジョセフを感じられる作品です。

これは去年の授業作品です。テーマは「狭い・広い」※両方の要素を含むこと
作品は見た通りタンポポをモチーフに構成しています。下手をするとファンシー的になり過ぎてしまいますが、形態のデフォルメの仕方がちょうど良く、構成作品として美しく見えるところが良いです。

模刻はベースの精度が上げられた上で密度を上げていき、具体的になっていく形がその寸前の土台の形と響き合っていないと作り込むほどに似なくなるという事態に陥ります。この作品は作り切った上でアバタとしての印象が素晴らしく良いですが、それは何より作者がモチーフの「形」だけでなく、「アバタの印象」に反応できているから成せる技なのです。

彫刻の入試では基礎力が充実して初めて勝負になるところがありますが、それだけでは足りません。ミスがないこと以上に、作品としてどうなのか。ということをビジョンに入れて日々の制作に打ち込んでいきたいです。

先日twitterにも上げましたが、僕の新しい作品が完成したので紹介します。

「水中花」
ブロンズ
H80×W40×D25cm

テラコッタから木彫に素材を変えて、さらにブロンズ鋳造を始めて数年が経ちました。30年くらい前はブロンズで作品をつくる作家も多かったようですが、近年はめっきり減りました。FRP(素材はプラスチックですが、色をブロンズ調にできる。安価で手軽。)が登場したことや、ブロンズに作品を置き換えるのは外注になるので、1つの作品を作るにも高額となるためだったり、単純に塑像作品でブロンズまでやるというストイックな作家がいなくなっていきているということもあると思います。
僕は大学時代から今までずっと誰の手も借りずに自分の作品は最初から最後まで自分で責任を持ってやりきるという思いでやってきました。それは単に自分の作品を自分以外の人が手を加える事への拒否反応みたいなもので、そんなこともあり、ブロンズ鋳造は習ったことはないですが自分で鋳造炉をつくり、原型から鋳造型、鋳込み、仕上げまで全て一人で行なっています。
ブロンズを始めた頃、どうしてもうまくいかなくて仕方なく業者に鋳造を頼んだこともありました。戻ってきた作品は完璧に鋳造がうまくいってるはずなのですが、「え?こんな形だったっけ?」とどうしても馴染めず、後悔したものです。今は鋳造まで全て自前なので、納得のいく完成を迎えられています。多分自分以外の人が外から見たら全然わからない差なのかもしれませんが、自分にとってはそれが全てなのだと思います。素材だってうまく着色したらブロンズとFRPの区別だってつかないくらいにできるでしょう。でもそれは何より自分に嘘をついているという意味で、「作品」とは言えなくなってしまうのです。こういうこだわり方をすること自体が今の美術界の中ではもはや時代遅れだと言われてしまいそうですが、結局は自分がこうしたいなと思ったことを迷わずやることが結果個々の特殊性に繋がっているのではないかなと思っています。
思えば浪人時代もそうでした。小川原のデッサンは彫刻的じゃないんだよな。と先生に言われ続けながらも、自分の理想のデッサンのあり方を一切曲げずに貫きました。というより自分の見ているビジョン以外に全く興味がなかったというのが本当のところです。「こういうものだ」ということには目もくれずにひたすら理想を高め続けました。僕のデッサンは僕一人だけのものでしたが、最終的には彫刻科のデッサンはこういうもんだ。という大勢が何も言えなくなるくらいのものにしたと思います。
大事なことは、自分で価値を見出すということが独り善がりであってはいけません。全ては基本を突き抜けた先にあるのだと思います。受験生の時から自分自身の意思を明確にしていくことが大事です。

彫刻科 いよいよ残り2週間となりました

彫刻科講師の氷室です。
私大のメイン試験がほぼ終わり、いよいよ芸大の入試が迫ってきました。
課題を通して最大の敵であり味方でもある自分と向き合っていく、自分を整えていく時間だと思います。
緊張はしますが、地に足を付けて残りの期間で研究し尽くして、走り切って欲しいと思います!

余談ではありますが
私が最近改めて気になる写真作家、Saul Leiterの展示が今、Bunkamura ザ・ミュージアムで行われています。

初めて彼の作品を観た時には魂が震えました。感動と供に激しく打ちのめされて自分も作品を作りたくなる。そんな展示に出会える瞬間、ああ作家で居たいなと思います。
みなさんが予備校を通過して、どんな人と出会いどんな作品に触れ生きていくのか、ふと、予備校以外の地でまた出会えたらそんな話を聞きたいなと思っています。

さてここから、最近の秀作を紹介したいと思います!
カリキュラム数が多いため、作品点数も今回は多めになっています。

始めの3点は、コンクールの上位作品です。

彫刻の観点から、絵的な観点から、両方とも精度を兼ね備えています。


講師全員一致の1位作品。360度どこから観ても自然な強さが魅力的です。


土付けの息吹があり、力強く完成度があります。


空間、光、量、奴隷の印象をバランス良く絵として収めて来れています。


形に対してタイトにそして真摯に向き合えています。


ボリューム感、動きがしなやかに表現出来ています。


しっかり置いてある状況が視点を持って描けており臨場感を感じます。


うまく馬頭の奥行きを使い、空間が綺麗に表現出来ています。


現役生の作品です。
台座をしっかり描き込んでいる点、2つの石膏像の接点と光を丁寧に描くことでこの絵の完成度が高まっています。上手ですね!


マルスの持つ独特の肉厚感の表現!良く追えています。


視点がしっかりとあり、丁寧に描けています。実力を感じる1枚です。


筋肉やヘルメットの表現が上手いですね!こちらも現役生の作品です。


こちらは自主課題作品です。見慣れない石膏を描くことで自分の実力が試せますね。良く観察出来ていると思います。


木炭の魅力を活かしつつ、全体感を大切にしながら丁寧に描かれています。光も綺麗ですね。とても良い1枚です!


良く考えられて描けている1枚です。視点とスケール感を感じます。

ここからは塑像作品です。

構成課題です。
構成にピリッと効果を狙いつつ、素材の質感にまでキチンとこだわれており実力を感じます!

ここからの3点はモデル首像です。
3点とも360度みても素晴しい完成度でした。

丁寧に形を追い込みつつも全体感とバランスをとって来れる、かつ自然さが1番に感じ取れる、とても上手な作品だとと思います。


大胆で力強い作品です。表現力と形を追うセンスが噛み合っており魅力的です。実力を感じます。


柔らかさを全体に保ちつつしっかり形が追えており、その両方のパワーバランスの感覚がとても良いです。影の持つ色味も綺麗に活きています。

こちらの3点は手の塑像です。

完成度が高く申し分ない作品です!ポージングも美しいですね。


難しいポーズですが、その分作りきれると目を引きます。


切り口や腕の形も含めて作品性が感じられ完成度が高いです。


未完成ではありますが、バランスが取れています。グデアは縦横比率が捉えられると強いです。

こちらは私大対策で描いた馬頭です。

視点をしっかり設定出来ており、オーガンジーを纏った質感が良く表現出来ており魅力的です。


難しいモチーフですが、巻いてあるテープを活かしながら空間を作れておりスケールを感じます。

今回は以上です。
これだけの作品を振り返ると、いかに実力が伸びているか、いかに力を付けているか、目の当たりにして驚くばかりです!
あとは、とにかく自信をもって!!と伝えたいです。
体調も大切ですので、風邪を引かずに受験を迎えましょう!
あとは、1年頑張って来た脳と体が、自然と実技を後押ししてくれるはずです◎

彫刻科 1月後半の成果

こんにちは。彫刻科の小川原です。センター試験も終わり、あっという間に2月に突入です。やっておきたい対策はあれこれありますが、ここ最近で実力もグッと高まってきたように思います!

それでは1月後半の優秀作品の一部を紹介します。

昼間部生の作品


奴隷正面からの印象が、動きの面でも表情の面でも的確に表現できています!カッコイイ!


ピタッと形に張り付くような質の表現が魅力的です!徹底的に顔も似せてきています!


しなやかな動き、豊かなボリュームが魅力的です!表面的でなく、全体を一塊として捉えている事がよく伝わってきます!


堂々とした炭の発色が円盤のボリュームを感じさせてくれます。一見少し荒っぽいですが、全体感が的確なので逆に魅力につながっています!


見上げのスケール感をよく捉えてきました!顔もしっかり描いていながらまず脚にピントがあってくる所が素晴らしいです。


ヘルメス独特の柔らかな印象がよく表現できています。逆光が苦手という事で挑戦してみましたが、十分良い作品に出来ています!


力強い炭使いがブルータスに良く合っていると思います。そこに本当にあるかのような実体感が魅力です!


美しい光の印象が感じられる作品です。陰側に未消化な部分もありますが、だとしても良い作品に見えてしまうくらい画面全体に対する気配りが出来ています。


アムールや円盤ではこのくらいの体の位置が一番難しいですが、客観的に動きを把握してきっちり合わせてこれていますね!素晴らしいです。


御者はおそらく初めて作ったかと思いますが、とても良く印象がとれています。マスクを含む構成ではやはりマスクが出来てなんぼなところがありますね。


短い時間の中で全体の作業バランスをよく考えて完成度を上げてこれています。構成では計画性がとても重要ですね!


短い時間の中で破綻の無いように全体に気を配ってバランスが保てています。とても印象が良く、ジョルジョらしさが引き出せています!

ここから夜間部現役生の作品


ヘルメスの中でも一番難しい位置で挑戦しましたが、動きや印象もよく合わせてこれました。それ以上に光や陰の質の表現が魅力的です!


徹底的に丁寧に調子で全体を表現しています。もはやここまでやって来た作品には何も言わせない説得力があります!


調子の扱いが美しいです。アムールの印象に寄り添いながらも徹底して自分のこだわりを貫いているところに感動します。


爽やかな光の表現が魅力的です。同時に豊かにボリュームが捉えられています!


模刻ではジョルジョが圧倒的に難しいと思いますが、現役生でこれだけ出来るのは稀だと思います!表面的でなく、かといって大雑把でもない。グイグイ攻めつつも全体に慎重なのが良いです。

新美では芸大以外の美大の対策も個人レベルで実施しています。芸大のカリキュラムを見て、好きな時に好きな対策が出来るように対応しています。

ムサビ対策です。こちらは昼間部生の作品。


目が覚めるようなカッチリした表現が魅力的です。完成度が素晴らしいですね!


圧倒的な迫力に引き込まれる作品です!まるで迫ってくるような臨場感を感じます!


少し透ける布によってはっきり見えていない所を思い切って布の表現を優先させた所が良かったです。実体がはっきりしている所との対比が魅力的です。

夜間部現役生の作品


量感に沿って調子をつなげていく様が魅力的です。透ける布の奥に見え隠れする表情も良いです!

 

さて、ここから怒濤の入試直前1ヶ月です!1課題1課題が重要になってきますね!体調を整えて走り切って下さい!僕たち講師は出来る事を全てやって皆を試験に送ります!!

 

 

彫刻科 2020年いよいよ入直スタート

彫刻科講師の氷室です。
早いものでお正月が明けて、冬期講習が終わり入直に突入しました!
課題も1日1課題になってきますので、その都度気持ちを切り替えて目の前の課題に集中して行きたいですね。
苦手な点を研究していくのは当たり前ですが、良い点も自分の自信に繋げていってください!
試験前日まで、力は必ず伸びていきます!

以前、東京芸術大学の学長をされていた六角鬼丈さんが、建築科の卒業生の方が悩みの渦中にいた時に、励ましとして送られた言葉が印象的でしたので、ここに紹介させてもらいたいと思います。
「そんなことはぜんぜん気にするな。その程度のことは当たり前だから、何度やったっていいんだ」
私も制作する上で、この言葉に励まされます。
どんなに考えても、評価に山あり谷ありでも、ここからはもう前進あるのみです!頑張って行きましょう!

さて、年末からの秀作を一気に紹介します。

上手です!逆光で見えなくなってしまいがちな形を、良く捉えて形が追えています!スケール感がありますね。


光の当たり方が綺麗に描けています。腰や回り込みも粘り強い描写で奴隷らしい量感が感じられる1枚です。


お腹周りの描写がとても魅力的です。正面の難しい位置ですが、体の面がしっかり作ってあり顔の空間とともに奥行きが感じられます。


こちらは現役生のデッサンです。髭の描写はもう少し粘っても良かったかもしれませんが、体の描写はピカイチです!張りを損なわず描き込めるのは実力を感じます!


こちらのアムールも上手です!張りをパシッと感じさせつつもしっかり描写で形を追えています。奥側の形やアムールの持つ量感も積極的に描けており難しい位置ですが、良く考えられています。


頭がやや大きいですが、体の描写は抜群に上手いです!足やお腹、腕などまさにアムールを触っているかの様な描写、凄い1枚ですね。アムールの特徴である体の捻れも良く表現されています。


唇や目の表現をもう少しだけピリッとさせたい点はありますが、体はとても良く描けています!肩の量感や胸の張りを損なわずジョルジョらしい堂々とした印象を、しっかり描写しつつ表現できています!


顔の印象がとても良いです!足はまだ未消化な点もありますが、難しい課題の中でもしっかり視点を持って絵作りができており、実力を感じさせる1枚です!


こちらも現役生のデッサンです。しっかりベースの上に描写ができています。生きいきとした炭の質感や見上げた視点のダイナミックさも魅力的です!


頭部と髪の毛のハマり具合が難しい点ですが、しっかりポイントを合わせられており、模刻力を感じます。時間内で作品として言い切っていくところまでしっかり追えています。


鳩のふとした表情や動きをとても上手に再構築してあります。自然な佇まいを作ることが基本ですが、それは非常に難しいのです。作者の知識と観察が行き届いている証拠です。

今回はここまでです。
日々、みなさんが苦手なポイントをクリアし、順調にデッサンも塑像も彫刻1も伸びてきていると、特に今年は実感しています!
自信と誇りをもって行きましょう!