カテゴリー別アーカイブ: 映像科

映像科:2021年、スタート!

こんにちは、映像科です。
教室では、1/11(月)から入試直前講座が始まっています。
映像科の学生が受験する、武蔵野美大、日大芸術学部、東京造形大などの各大学の入試までは約一ヶ月程度。
感覚テスト、小論文、鉛筆デッサンを中心として、各大学の対策課題に取り組んでいます。

実技試験の対策でいっぱいいっぱいになりがちですが、、美大の中でも映像系の学科は特に学科試験が重視される傾向にあります。実技対策はもちろん大切ですが、授業が終わったら切り替えて学科対策のために机に向かいましょう。
何より体調管理に気をつけて。本番で実力を出し切れるよう、残りの期間を過ごしていましょう!

そして少し先ですが、入試があれば発表があり。発表があれば入試再現作品制作の展示があります。
「多摩美・武蔵美 合格者再現発表&体験談 私大デザイン・映像科 〜どんな入試だったの?どんな作品が受かったの?〜」
昨年好評だったこのイベントを今年も2/23(火・祝)に開催予定!映像系で進学を考えている高校1・2年生はぜひ。またデザイン科と映像科で迷っている人には特に参考になると思います。
お楽しみに!

///////////////////////////////////////////////////////////////
映像科の授業
オンライン教育科(映像コースも開設)
映像科公式 Twitter
映像科公式 Instagram
+
2020年度合格者インタビュー公開してます!
Vol.1:感覚テスト編
Vol.2:鉛筆デッサン編
Vol.3:小論文 / 文章表現編
Vol.4:総合型選抜 / クリエイション資質重視方式編
Vol.5:学校推薦型選抜/ディレクション資質重視方式編

映像科:2020年最後のブログ

こんばんは。映像科です。担当の日が年内の授業最終日に重なったため、2020年最後のブログです。

冬期講習会はお正月休みを挟んで1/3(日)から再開しますが、今日は年内最後の授業。映像科では武蔵野美大映像学科を想定したコンクール課題(感覚テスト、小論文、鉛筆デッサン)の講評日でした。
なおオンラインでの受講生もいたことから、教室からの配信形式の講評会です。

実技の模擬試験という環境で、いつも通りの力を発揮できた人、いつも以上にうまくいった人、力が入りすぎて思うように制作できなかった人、ちょっと守りに入って裏目に出てしまった人・・・結果は様々だったと思います。しかしそれぞれに成長が見られる作品が多く、まだまだこれから先のレベルアップが予感されました。

映像科の学生が主に受験する私大の受験までは、残り約一ヶ月…!私たち講師がサポートできるのもあと少しです。
本番で全力を出し切れるように、体調管理だけは気をつけてください!
良いお年を!!

///////////////////////////////////////////////////////////////
映像科の授業
オンライン教育科(映像コースも開設)
映像科公式 Twitter
映像科公式 Instagram
+
2020年度合格者インタビュー公開してます!
Vol.1:感覚テスト編
Vol.2:鉛筆デッサン編
Vol.3:小論文 / 文章表現編
Vol.4:総合型選抜 / クリエイション資質重視方式編
Vol.5:学校推薦型選抜/ディレクション資質重視方式編

映像科:二学期終了&総合型選抜発表

こんにちは。映像科です。
12/13(日)で補講期間も含めて今年度の木金日コースの授業が終わりました。最後の2週間は「二学期末コンクール」として、武蔵美映像学科の「感覚テスト」「小論文」「鉛筆デッサン」に加えて、東京造形大「発想力」などの模擬試験を制作し、最終日に大講評会を行いました。写真はコンクール講評と採点の様子。

今年は春の一学期スタートから困難なことも沢山あったと思いますが、ひとまずお疲れさまでした!(17日から冬期講習もはじまるので終わった感はないですが。。)このような中でも授業に参加していた皆さんは、それぞれ確実に力がついてきていると思います。受験までの残された時間でベストを尽くせるように、あと少し頑張りましょう!

前回のブログで詳しくお知らせしたように、12/17(木)からは冬期講習が始まります。
また、1/11(月)からは「入試直前講座」として、2月上旬の入試直前まで対策を行います。詳しくはこちら

最後に、先日発表が行われた武蔵野美大映像学科の総合型選抜クリエイション資質重視方式。実質倍率が約8倍という難関でしたが、映像科の推薦入試コースから見事2名合格しました!おめでとうございます!そして残念ながら今回合格できなかった人も、気持ちを切り替えて年明けの入試に臨みましょう…!
なお、新美映像科では合格者の作品(ポートフォリオ、映像作品、写真作品、面接レポート)を参考資料としています。来年以降受験を考えている方はぜひ、ご相談にいらしてください。

///////////////////////////////////////////////////////////////
映像科の授業
オンライン教育科(映像コースも開設)
映像科公式 Twitter
映像科公式 Instagram
+
2020年度合格者インタビュー公開してます!
Vol.1:感覚テスト編
Vol.2:鉛筆デッサン編
Vol.3:小論文 / 文章表現編
Vol.4:総合型選抜 / クリエイション資質重視方式編
Vol.5:学校推薦型選抜/ディレクション資質重視方式編

映像科:冬期講習に向けて

こんにちは。映像科です。
今日から12月。あっという間に二学期も終わりですね。

11月は通常の木金日コースとは別に、武蔵美映像学科の学校推薦型選抜:ディレクション資質重視方式の対策を行いました。プレゼンテーションやディスカッションによる試験は、感覚テストなどの実技とはまた違った準備が必要になります。以前この試験で合格した人が言っていました。試験の直前だけは「自分はしっかりした人間だ!」と思い込むことが大切と。確かに自信を持って伝えようとすることは大切。
試験まであと三週間弱。少しずつ気持ちを上げていけると良いですね。

さて、12月17日からは冬期講習会も始まります。
昨年までのコース編成を一部変更して、受講しやすくなっています。

■EA 12/17~12/21|17:30~20:30【5日間】
私立美大映像/志望校別対策コース
→EAは主に武蔵美、日芸、東京造形を対象に「感覚テスト」「小論文」「鉛筆デッサン」「発想力」など、映像メディア系学科・専攻の実技対策を選択して制作します。12/17・18・19では、武蔵野美大映像学科の学校推薦型選抜「ディレクション資質重視方式」の対策として「構想力テスト」「面接試験」の対策を。さらに外国人留学生特別選抜の対策として「感覚テスト」も選択することができます。

■EB 12/22~12/29|9:30~18:30【8/6/4日間】
武蔵野美大映像/実技総合特訓コース
→EBは武蔵野美大映像学科の実技試験(感覚テスト、小論文、鉛筆デッサン)の対策がメインとなります。12/28・29の最後の2日間は今年度最後のコンクール形式での制作と講評になります。またEBもしくはECを受講された方は、武蔵美造形構想学部の学科模試(国語・英語)を受験することができます。なお、高校の授業などの都合で前半の受講が難しい場合は、6日間(12/24-)、4日間(12/26-)の受講も可能です。

■EC 1/3~1/6|9:30~16:30【4日間】
武蔵野美大映像/感覚テスト集中特訓コース
→ECは武蔵野美大映像学科の「感覚テスト」に特化した4日間です。武蔵美映像学科を第一志望していて選択科目を数学で考えている人や共通テスト型をメインで考えていて、感覚テストのみ対策が必要という方も受講しやすいスケジュールになっています。

■ED 1/3~1/6|17:30~20:30【4日間】
私立美大映像/志望校別対策コース
→EDも「感覚テスト」「小論文」「鉛筆デッサン」「発想力」など、映像メディア系学科・専攻の実技対策を選択して制作します。また、第一志望以外の併願校の実技対策も幅広く対応します。事前もしくは初日にご相談ください。

体調に気をつけて、2020年の残りの時間でできることをやり切りましょう!

///////////////////////////////////////////////////////////////
映像科の授業
オンライン教育科(映像コースも開設)
映像科公式 Twitter
映像科公式 Instagram
+
2020年度合格者インタビュー公開してます!
Vol.1:感覚テスト編
Vol.2:鉛筆デッサン編
Vol.3:小論文 / 文章表現編
Vol.4:総合型選抜 / クリエイション資質重視方式編
Vol.5:学校推薦型選抜/ディレクション資質重視方式編

映像科:「感覚テスト」と「発想力」

こんにちは。映像科です。
今回のブログもお知らせがメインです。

【11/29(日)プレ冬期講習:映像メディア系実技試験1日講習】
まずはこちら。武蔵野美大映像学科で必須となる「感覚テスト」と、東京造形大デザイン学科各専攻(映画・映像、アニメーション、写真、メディアデザインなど)で選択できる「発想力」、いずれかを選択して制作・講評という内容です。今年度の受験生でアドバイスを貰いたいという人はもちろんのこと、来年度以降に映像メディア系で進学を考えていて、実技試験ってどんな感じだろう?と思っている人も、ぜひご参加ください。

ちなみに武蔵野美大映像学科の「感覚テスト」は、これまでにも何度か紹介していますが、与えられたテーマから絵と文章で映像的な場面を表現する問題。こちらは先日のコンクールの様子です。

そして東京造形大デザイン学科各専攻の「発想力」は今年から新たに始まった実技試験です。詳細はこちらの大学の情報を見ておきましょう。
またPDFデータになっているリーフレットもダウンロードできるようです。
昨年までは「構想表現」という実技試験がありましたが「発想力」となり、フォーマットにも変更があります。

「感覚テスト」「発想力」は、いずれもB3サイズの画面に絵(イラストレーション)と文章(テキスト)で表現できるという共通点があります。
画材に関しては、各大学の募集要項の「持参用具」欄に以下の情報があります。
・感覚テスト・・・鉛筆、色鉛筆、パステル
・発想力・・・鉛筆またはシャープペンシル、色鉛筆、カラーマーカー、蛍光ペン
「感覚テスト」はパステルが使える一方で、「発想力」はカラーマーカーや蛍光ペンが使えるのですね。

【11/14・21・28(いずれも土曜日)学校推薦型選抜対策:武蔵野美大映像学科ディレクション資質重視方式】
こちらは前回もお知らせしましたが、武蔵美の学校推薦型選抜の対策です。プレゼンテーションとディスカッションによる「構想力テスト」と、面接試験の対策を行います。既に14日に第一回が行われました。三回継続して受講するとより安心ですが、一回からでも可能です。11/21(土)、11/28(土)、お待ちしてます。

寒くなってきますが、体調管理に気をつけて2020年を駆け抜けましょう!

///////////////////////////////////////////////////////////////
映像科の授業
オンライン教育科(映像コースも開設)
映像科公式 Twitter
映像科公式 Instagram
+
2020年度合格者インタビュー公開してます!
Vol.1:感覚テスト編
Vol.2:鉛筆デッサン編
Vol.3:小論文 / 文章表現編
Vol.4:総合型選抜 / クリエイション資質重視方式編
Vol.5:学校推薦型選抜/ディレクション資質重視方式編