カテゴリー別アーカイブ: 新美

練馬にて『優雅な秘密』を見る。

こんにちは、油絵科の鷹取です。

油絵科では面接などで学生の好きな作家をきく機会が多いのですが、
そこで最近よく耳にするようになった人がいます。
それはアメリカの絵本作家、エドワード・ゴーリー。
実際の事件にもとずいた絵本で、作者本人がどうしても描かずにはいられなかったという、
『おぞましい二人』で日本でも名前を聞くことが多くなったと感じます。

先日ふと時間ができた時、そういえば練馬区立美術館でゴーリーの展示がやってるなぁ、行ってみるか!と、ふらっと行ってきました。

電車を降りてすぐ、旗がゴーリー仕様に。

晴れてぽかぽかで気持ちのいい中、ぽかぽか気持ちいいとは対極の展示へ到着。

残酷、不条理、道徳や倫理観に触れるような内容でありながら、淡々と、どこか軽快に、そして繊細に描きあげられた作品は、内容が重くとも心をは不思議と重くならない。
重くはならないけど何か不安になる、でもどんどんみたい、なんだか不思議な魅力だなぁとまじまじと見入ってしまいました。

そして作品解説がまた面白い。
基本的に描きなおしは嫌、描きなおすなら加筆で何とかしたいし、ダメなら上から紙を貼って直したい、(確かに紙が上から貼られている作品ありましたね)
大きいのは描きたくないから引きのばして使ってほしいし、
人を不安にさせるのが私の使命なんだ!!
などなどゴーリーの人間性が垣間見えてとても面白かったです。
猫がものすごく好きだから猫のイラストだけはただただ果てしなくかわいいのも笑ってしまいました。

展示の最後には、ゴーリの様々な絵本が自由に読める場所も用意されているので、いろいろ読んでみたいと思っていた人にもおすすめです。(長時間居座ってました・・・)

そしてミュージアムショップのグッズがどれもこれもものすごく可愛かったので、
これはゴーリー好きにはたまらないんだろうなぁと思いました。

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展は
2019年9月29日(日)~11月24日(日)まで練馬区立美術館で開催されているので、興味のある人はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

通信教育

こんにちは。通信教育です。

ただいま9月タームの作品添削、返送しています。

お手元に届くまで今しばらくお待ち下さいね。

添削アドバイスを参考にこの先の公開コンクール等を目安に、冬期までのそれぞれ実技の具体的な目標等も考えても良いかも知れません。

 

https://www.art-shinbi.com/event/event-64/index.html

 

芸大デザインコース

こんにちは。

先週、今週と2課題、日本画、工芸、デザインコース合同のデッサン課題でした。

科や個人のプロセスや表現は様々ありますが、モチーフと空間、光の印象などを観察し、二次元上で伝える内容の密度と精度、粗密バランスなど、観察力に深みがましてきました。

まだ試行錯誤しながらも、上手くいったり、いかなかったりの状態の中でどうにか仕上げていくことを日々研鑽しています。

 

 

 

 

先日の第4回パーフェクト描写ゼミ多数のご参加ありがとうございました。

デモストと一緒に、モチーフ一つと背景との関わりを制作しました。

 

デモスト作品

生徒作品

 

通信教育

こんにちは。

季節の変わり目ですが、体調くずすことなく制作されていますでしょうか?

9月ターム作品提出期間は10/10(木)までとなっています。

今月は公開コンクールを一つの目安にとらえて、スケジュール等組んでもよいかも知れません。

自主課題等も積極的に取り組んでくださいね。別紙にてコメント致します。

では、作品お待ちしています。

彫刻科 近況

彫刻科講師の氷室です。
秋は展示が多いイメージがあります。
先日、東京ステーションギャラリーにて、岸田劉生展を観に行ってきました。
作品に没頭しやすい、ちょうど作品と合っている空間に感じました。

麗子微笑の絵を始めとする代表作は幾つか知っていましたが、初めて観る作品が圧倒的に多く、岸田劉生と言う作家の生き様を垣間見ることができ、刺激を頂いてきました!
絵画をじっくり観察すると、光の表現や輪郭、物と物の間など、絵を描く人の視点や息遣いに、見入ってしまいます。

この静物画が気になりました。
岸田劉生さんも、いろいろな所から刺激を受け様々に挑戦していたのだなと、果たしてスマートフォンやパソコンがない時代に、他の画家から受けたインパクトは、いかほどであったことか。
色々な想像が膨らむ、濃い時間でした。

さて、ここからは最近の秀作紹介です!


視点も感じられ、首から頭部までの立ち上がりも印象が良く拾えています!


ヘルメスの見上げた印象が似ています!髪の毛の表現も良いですね!奥の顔の形も意識出来たらなお良いと思います。


円盤の形を触る様にとても丁寧に描けています!見上げた視点も感じられ、良く考えられた中で表現が出来ている1枚です!


安定の模刻力です。似ています!さすがです!


こちらのジョルジョも良く観察できています!もう一歩、形の魅力が増えると完璧ですね!

ここから先は、全て現役生の作品です!

自然にかつ強く、魅力的に描けています!上手ですね!


形を追っていく素直な仕事がとてもいいです!彫刻科の目指したいデッサンですね!


そこに本人が居るかの様な1枚です!描きたかった髪の毛の描写が素晴らしいです!


雰囲気や表情、質感に臨場感があり、思わず見入ってしまう作品性の高い1枚です!


勢いと空気感を感じます!粘り強く追った形が彫刻としての魅力につながっています!


最後に、こちらのパジャントのデッサンを1枚。
すばらしいです!似ていますし、光も綺麗にに魅せられていますし、石膏の質感までも感じますね!

現役生の勢いが、夏期講習を通過してさらに伸びてきています!!
この調子です!!
(掲載の順番は、提出順であったりと、作品そのものに優劣がついている訳ではありません◎)

今回はここまでです。
2学期もあっと言う間に1ヶ月が過ぎました。
そろそろ、各予備校の公開コンクールの季節でもありますね。
あまり自分を追い込むのではなく、成長課程の一つとして、経験をバネにしていきたいです。
頑張って行きましょう!