1. TOP
  2. 渋谷校
  3. 油絵コース

oil painting

油絵コース

oil painting

受験科
油絵コース

あぶらえこーす

東京藝術大学絵画科油画専攻への現役合格を昨年も達成した油絵科。この科では各々の志望校へ現役合格を目指して、必要となるレベルアップは勿論、様々な課題に取り組み、様々な表現方法を模索し、自分の個性、感性、気質に合う唯一無二の自己表現にたどり着くことを目指しています。「器用じゃなくてもいい。自分らしいかどうか。」それが現役合格への近道となります。

  • about

  • OIL PAINTING POINT 01

    志望校合格へと繋がる確かな指導と実績があります。

    受験科は、経験豊かな講師が一貫して入試直前まで指導します。
    デザイン工芸科も油絵科も担当の講師が責任をもって教えることで多くの生徒を第一志望の大学に送り出してきました。 こうした実績を誇る受験科の特色は、高校の授業などに合わせて通える日数や曜日を複数のコースから選択できることです。
    東京藝術大や武蔵野美術大学、多摩美術大学などの難関大学、特に人気の学科を受験する生徒には「週6日」や「週5日」のコースがおすすめ。制作時間を積み上げて実技のレベルアップを図るのが重要だからです。学科の授業も受講すれば総合力で現役合格に近づけます。
    「部活が忙しい」「塾にも通いたい」という生徒には「週3日」コースもあります。
    例えば1学期は部活の引退時期まで無理せず「週3日」コースで学び、2学期は「週6日」コースに移り追い上げていくという方法もあります。また、推薦やAO入試を希望する生徒は「週3日・推薦」コースや土曜「週1日」コースも選択できます。

  • course

  • コース案内

    ◇受験科 油絵コース(高3生)

    ●週6日【月~土】17:30~20:30
    ●週5日【月~金】17:30~20:30
    ●週3日【月火水】or【木金土】17:30~20:30

    渋谷校油絵科では、現代美術として絵を考えるうえで大切となる「思考力」に重点を置いたカリキュラムを展開しています。楽しく絵と向き合うことを大切にしながらも、ただ仕上げればいいのではなく課題の意図を読み解き、課題の中に暗に示された制約のなかで、どういう着眼点や着想を持ち、自分の表現を展開すればいいかを学んでもらうためのトレーニング課題を充実させています。
    昨今の藝大や美大が油絵科の受験生に求めているのは、個性・可能性・柔軟な思考力を持った伸び盛りの生徒。それはまさに本物の創造器質を持つ生徒なのです。準備してきたテクニックや表面的な演出は、概ね評価してもらえません。もちろん過去の合格者作品などを真似てみただけでは合格するのは困難でしょう。その人らしさや切実な想いが詰まった表現であるかどうかがとても重要です。
    現役生が藝大をはじめとする難関大学で浪人生を相手に勝ち抜こうというのに、ただ写実的に達者になることを促す指導では時代にそぐわないものになってきているのです。「絵画」という手段で思考する能力」を予備校時代に培う事で、受験結果につながることは勿論、大学での学びを深め、将来の作家活動や専門家への道に必ずつながっていきます。

    油絵科生徒作品

SHIBUYA

渋谷校
の授業
一覧