- スケジュール

2019-N.Y.workshop2019.1/13(日)

アルファベット刻印入り錫のリングづくり

工芸科のワークショップとして、鋳造技法を用いて錫という金属でリングづくりを行います。鋳造(ちゅうぞう)とは、型を制作し、溶かした金属を型に流し込むことで、その空洞の形の金属を造形するというものです。紀元前400年頃海外から伝わり、仏具や産業機械をはじめ、現在では広く生活の中で使われる物の多くが鋳造で作られています。使用する金属は、錫(すず)という名前で、融点が低く、やわらかいためグニャグニャと変形できるのが特徴です。リングの表面の模様をデザイン・制作し、オリジナルの刻印入りリングを制作しましょう!名前や模様を考えて入れるのもよし、シンプルなデザインで美しい銀色を引き立たせるのもよしです。完成品はそのままお持ち帰りいただけます。

2019.1/13(日)スケジュール

(1/13)
12:00~12:40
<形・模様のアイデア出し>
サンプルを見ながら、リングの幅や形、表面に入れる模様を考えます。仕上がりを想像しながら考える、楽しい作業です。
(1/13)
12:40~13:40
<型制作>
金属を流し込む空洞を作ります。ボードをカットしたり、削ったりして制作します。文字を入れる場合は、ボードを彫刻刀で彫って制作します。
(1/13)
13:40~14:00
<鋳造>
錫をガスコンロで溶解し、作った型に流し込みます。金属を溶かして流し込む、まさに「鋳造」の工程がここです。
(1/13)
14:00~15:00
<仕上げ>
触れる温度に冷めるのを待ち、型から金属を取り出し、形を整えたり、やすりをかけて仕上げます。このタイミングで刻印を入れていきます。名前でも、イニシャルもありです。仕上げて指輪の形に曲げていくと、一気にらしくなり、完成度が出ます。
(1/13)
15:00
<終了>
ワークショップ以外に、進路相談などの質問があれば、お気軽にご相談ください。

- 2019-N.Y.workshop 内容詳細

□定員

6名

□対象

芸大美大を目指す受験生全てが対象になります。
今年度の受験生以外の参加も可能です。

□参加料金

参加費は無料となります。
この機会に是非ご参加ください!

▪️持参用具

必要な道具はすべて本学院でご用意いたします。

◇特典!

2019-N.Y.workshop参加者は、
2019年度春期講習会を受講する場合、
入学金5,000円が免除となります。

  • _MG_7605