カテゴリー別アーカイブ: 渋谷校


4/8(日) 推薦入試説明会

こんにちは。
4/8(日) 16:30より、新宿校にて「美大 推薦入試説明会」を行います。

近年、美術大学でも多くの学科で推薦入試やAO入試が実施されています。
推薦入試の内容は多岐にわたります。場合によっては一般入試よりも難易度が高いこともあり、正確な情報をもとに、早い段階から準備することが求められています。
新美では、一般入試と並行して推薦入試対策に取り組み、これまで多くの受験生を指導してきました。

当日は全体説明と個別での相談にもおこたえします。
また合格者の作品ファイル(ポートフォリオ)の展示も行います。
受験生、保護者様、高等学校教員の皆様を対象としています。
申し込み不要ですので、ぜひご来場ください。


保護者のための芸大・美大受験説明会 part2

こんにちは、昨日「保護者のための芸大・美大受験説明会」の第二回目が開催されました。

参加して頂いた保護者の皆さん、ありがとうございました。
美大受験の全貌と専門的な受験の知識を知る、良いきっかけになったのではないでしょうか?

こちらは、日本画科のブースです。
日本画を選択する人は勿論、そうでない人も熱心に先生のお話を聞いていました。

次に油絵科です。
実際の合格者の作品を参考に、芸大や私立の傾向や特色まで話しておりました。

そして、彫刻科です。
立体をつくる面白さや、魅力を熱く語ってくれました。
また、新美の芸大彫刻科合格率の高さの理由もお話してくれました。

次に、芸大デザインです。
デザインの平面・立体・デッサン、それぞれの傾向や評価を説明してくれました。
特に立体は、芸大ならではのもので注目をあびていました。

そして、工芸科。
デザインと同じように、平面・立体・デッサンが入試課題としては課せられますが、
デザインと違うのは、より与えられたモチーフを大事にすることではないかと理解しました。

続いて先端芸術表現科。
わかりずらい科ではなかろうか?という説明から始まりましたが、最後とてもよくわかりした。
今年は、2次試験の総合実技で「自刻像」が出されましたが、先端芸術表現科ならではのアプローチが理解できました。

次に、私立デザイン。
各私立大学の中のいろいろな科が沢山あるので、大きい枠組みからお話してくれました。
迷っている方には、終了後、個別相談で詳細を聞くことができます。

そして、映像科。
感覚テストの入試再現作品が多数展示してあり、具体的なイメージがつかめたのではないでしょうか?また、推薦入試のことも触れて説明してくれました。ポートフォリオの現物コピーもあり、早く対策を行う有利さを実感できたかと思います。

以上、今春の「保護者のための芸大・美大受験説明会」これで終了ですが、保護者ガイダンスは1日体験ごとに行っていますので、今回逃したかたも是非そちらにいらしてください。
新宿校・秋葉原校では、4月8日(日)と15日(日)の10:30~行っています。
4月8日(日)は、渋谷・国立校でも行っています。

そして更に、4月8日(日)には、推薦入試説明会が新宿校で、16:30~行います。
こちらも今回同様、推薦入試のある各科の先生が説明・相談してくれますので、
少しでも推薦入試が気になる方は聞かれるとよいのではないでしょうか。

是非、おまちしております!


渋谷校、合格体験記、武蔵野美術大学工芸工業、多摩美術大学プロダクトデザイン現役合格、江夏さん

こんにちは渋谷校です。

本日は武蔵野美術大工芸工業デザイン学科、多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザインに現役で合格した、江夏さんの体験記を載せます。

「中学生の頃から薄々と美大受験を考え始め、高一の秋に駅から近く、学校からも家からも通いやすい渋谷校に入塾しました。基礎科のうちは週一、週三のペースで通い、描くことを楽しさを覚えました。初めはわからないことが多かったものの、先生方が一から丁寧に指導してくださり着実に力を伸ばしていきました。基礎科から対策を始めたことによって、基本的なことをしっかり身に付けることができ、周りより少し有利な状態で受験科になることができたと思います。
受験科になってからも、自分では気づけなかったことや大学側が求めていることなどを細かく教えていただき、一年間で絵が大きく進歩しました。また、渋谷校では受験科の先生方が基礎科も教えるため、私たちのことをよく理解してくれていました。そのため、弱点の克服はもちろん、早いうちから長所を伸ばしてくれるような指導もしてくださいました。
予備校に楽しく通うことができたことに感謝しています。渋谷校に入ってよかったと改めて感じました。」

江夏さんは高校1年生から渋谷校の基礎科に通い、最終的には武蔵野美術大学と多摩美術大学の両方の合格となりました。

これは、多摩美のプロダクトの再現作品です。「音楽を主たるイメージモチーフとして、美しい色彩構成をしなさい」という課題でした。デッサンは手と筒でしたね。とても色彩のきれいな構成が出来ています。今までの渋谷で勉強したものがきちんと出来ていて素晴らしいです。

渋谷校では、このように基礎科から受験を考える学生にぴったりの予備校です。興味のある方は新美のHPなどから渋谷校の体験などに参加してみましょう。

再現作品の展示などもやっていますのでお気軽に見学にいらしてください。受け付け時間は月曜から金曜日の15:00~20:30。土曜日は14:00~20:30になっています。


渋谷校、多摩美生産デザイン合格率100%、テキスタイル合格者森島さんの体験記です。

渋谷校です。渋谷校は多摩美生産デザイン学科テキスタイル、プロダクト専攻の一般、センター試験合格が100%でした。来年度多摩美の生産デザイン学科受験希望の学生は是非新美に入学しましょう。

今回は多摩美生産デザイン学科テキスタイル専攻に合格した森島さんの合格体験記と受験前の作品を載せます。

まずは体験記から

「高校一年生の夏ごろに美大受験を考えはじめ、すぐに見学に行き、一年生の秋から渋谷校に通っていました。家から近く、交通の便も良く、渋谷の駅からも近いから通いやすくて、忙しい高校生活と予備校とを両立することができました。
基礎科では、先生方が大事なことをじっくり、ひとつずつ教えてくださり、着実に実力を伸ばせました。早くから通うことで、まわりよりも有利な状態で受験生になれたことがとても良かったです。受験科になると人数が増え、みんなどんどん力をつけていきます。渋谷校は現役校でありながら生徒のレベルは高く、切磋琢磨しながら私も上手くなることができました。
また渋谷校は、基礎科の先生が受験科も教えています。基礎科から教わっている先生方が、成長を褒めてくださったり、私の癖や良くないところも知ったうえで指導してくださり、助けになりました。渋谷校の先生は優しく、面倒見が良いです。分からないことがあって、講評以外の時間に作品を見てもらうこともよくありましたが、先生は快く応じて的確なアドバイスをくださいました。
心配事があればすぐに相談できる環境が渋谷校にはありました。大学を知り、自分を知って、万全の態勢で受験に臨めたことに感謝しています。新美を選んで良かったです。」

とのことです。それと受験前の渋谷校で制作した作品は

大変よく描けていると思います。体験記も書いてもらいありがとうございます。ただいまテキスタイルの受験時の再現作品を制作中です。渋谷校の受験生まだ補欠を待っていたり、第一志望の合格がかなわなかった学生もいるのですが。全員4月からの新生活を渋谷校で学んだことも活かしながら頑張ってほしいです。

この後の受験も本日は芸大デザイン科の1次試験、その後芸大や筑波などの国公立の試験が続きます。渋谷校の受験生も最後まで体調に気を付け、普段通り実力が出せるように頑張りましょう。

渋谷校のこの他のイベントでは1日体験や土曜チャレンジや(詳しくはこちら
3/3(土)、3/10(土)、3/17(土)のイベント3時間チャレンジ(http://s3.aspservice.jp/tsushin/form.php?form=5a81e5abf2130で申し込み)も行っています。
是非ご参加ください。


渋谷校、武蔵野美大視覚伝達デザイン学科合格の黒崎さん、合格体験記

渋谷校です。

今年の受験で武蔵野美大の視覚伝達デザイン学科に現役で合格した黒崎さんの体験記を載せます。これから受験を目指す新しい受験生は参考にしてみてください。

 

渋谷駅から徒歩5分という通いやすさを決め手に高2の春から新美に通い始めました。とても指導が丁寧で、自分では気づけないちょっとした不自然な部分を教えてくれるのでそれを次の作品に生かすことができました。少人数制なので気軽に講評をしてもらえるところがよかったです。
また、私は学科の成績がとても悪く、それが受験において最大の足枷になっていましたが、新美の休日講座に通ってなんとか平均近くにまで追い上げました。入試直前には実技だけでなく、学科の相談にも乗ってくださりとても感謝しています。
実技と学科の両方をしっかりと指導してくださる充実さが小規模な予備校にもかかわらず合格率が全国トップな理由なのかなと思います。
何より受験が楽しかったと思えることが幸せです。本当にありがとうございました!

本当に良い結果を出せて良かったですね。今年普段の授業で制作した作品も載せます。今後再現制作などもしていきます。また、ほかの学生の作品なども集めた合格者の作品展示なども行っていきますので、お気軽に渋谷校まで足をお運びください。

渋谷校のこの他のイベントでは1日体験や土曜チャレンジや(詳しくはこちら
3/3(土)、3/10(土)、3/17(土)のイベント3時間チャレンジ(http://s3.aspservice.jp/tsushin/form.php?form=5a81e5abf2130で申し込み)も行っています。
是非ご参加ください。