カテゴリー別アーカイブ: 日本画科


全国石膏デッサンコンクール開催

こんにちは、昨日は、待ちに待った「全国石膏デッサンコンクール」を開催いたしました!

日本全国から、いろいろな科、さまざまな学年の方にお集まりいただきました!
御盛況、ありがとうございました。

総勢約330人のなかから、栄えある1位に選ばれたのは・・・・・・?

な・なんと工芸科志望の概卒生でした!!
やはり審査は難航しまして、、、この結果に納得のいかない他の科の先生もいらしたようです。
それはそうですよね、それぞれご自分の科が一番だとプライドをお持ちになって指導してますからね。

全体講評会では、その辺で各科意見を交わし、どうやら混乱させているのは油絵科ではなかろうか?というのが見えてきたようです。

デッサン解説では、驚異の「30分で石膏デッサンを描く!」という企画で行いました。

普通の速さで描くデモンストレーターと超早デモンストレーターのお二人をお招きして、
描いていただきました。違ったタイプの2人のデッサンを比較をしながら解説をしていただいたのは、油絵科の海老澤先生。
ちょっとお話を伺っている間にどんどんデッサンが進んでいきます。皆さんどこで差がつくのか?目が離せなかったですね。

賞品も、上位1・2・3位はもちろん、各科の賞、現役の中の一番と高校1,2年生の中の一番の賞が授けられました。
ちょっと、各商品の画像がないのが残念です。図書券や画材に加え楽しい品がついていたようです。

受賞者以外にも力作が揃いました!!石膏デッサンといえども、意外にバリエーションがあるのが私にとっては新鮮でしたね。

みなさん、お疲れ様でした!!明日はきっといいことがありますよ!!

 


日本画 岩絵具について

こんにちは!日本画の佐々木です。
本格的な受験シーズン到来ですが、今回のこのブログでは、前回予告した「岩絵具について」を書いていきたいと思います。

そもそも日本画って、大学に入ったらどんな画材を使うのか知っていますか?
日本画を受験する人でも、意外と知らない人が多いのです。
そう、「岩絵の具」のことを。

大学受験では水彩絵の具を使用する日本画ですが、大学に入ると「岩絵の具」という素材の使い方を学んでいくことになります。
岩絵の具というのは、文字通り、岩を砕いて作った砂のような絵の具のことです。

岩・・・?と思うかもしれませんが、ここでいう岩とは、鉱石のこと。
0A02E93A-452B-485B-AB14-C79DD929054E

水晶、ラピスラズリ、孔雀石などの、通称宝石と呼ばれているもののことです。
もちろん、粉末になっていればなんでも溶くことができるので、砂や泥などもありますが、そんな地球のカケラを絵の具として使うことができる、なんともロマンな専攻が日本画なんですね。私はもともと鉱石好きなので、素材としても日本画が好きだなあと思っています。

その、粉末のものをどうやって絵の具として使うんだ?ということですが、膠(にかわ)という動物由来の接着剤と水を混ぜることで、塗れる状態にして絵を描くのです。D6DC2569-4B8D-46E9-8856-F85FD914E6BB

粉末の状態に、膠を加えて

E4F783D3-AA95-4829-8A16-B4D45D55EE4F

指でよく擦り混ぜペースト状にし、水を加えてちょうどいい濃度になるまでのばす。

こんな感じで一色づつ絵の具を溶いて作るのです。
そして、混ぜる順番は変えてはいけません。
C50F4BCF-B539-4267-B5C9-BC2067BD968C

さらに、動物性のタンパク質である膠を使っているため、ナマモノ扱いです。腐るんです。
なので、使い途中の余った絵の具などは、必ず冷蔵保存。

35444425-E4C1-45AE-8D0C-6C1D60DCE60A

それでも使い切れなくて余るときもある。そんな時は・・・「膠抜き」

FD0DA82A-41A2-4954-A0C7-696E8AC051DB

この膠というものは、熱湯ほどの熱さになると組織が壊れるようで、接着剤としての機能を失います。こうして絵の具を洗って乾かすことによって、無駄なく使い切ることができるのです。

・・・・・

めんどくさーーーーーーーー!と、思ったでしょうか?
なんか職人みたいでカッコイイ!!!と、思ったでしょうか?
私は断然後者でした・・・なんか、錬金術師とか薬師みたいじゃないですか・・・。
実際制作する時はめんどくさいなあと思ったりもしますが、昔からの変わらぬ制作過程を持つ日本画がかっこいいなとも思います。

先日のニューイヤーワークショップでは、この辺りの話からさらにもう少し広げて日本画についてお話ししつつ、実際に岩絵の具での制作を体験してもらいました。
また春に、そんなイベントが…もっとパワーアップして…ある…らしいぞ…??(コソコソ)
ぜひ、シンビのHPを要チェックしていてくださいね!!

ではでは、また再来週お会いしましょう!


日本画NYワークショップレポート!

こんにちは!日本画の佐々木です。

今日は、先日行われた日本画のニューイヤーワークショップの様子をレポートしていきたいと思います。

ワークショップの内容は、短冊サイズの色紙に日本画の画材を使用して絵を描いてもらうものでした。今回の絵柄は、これからの季節に飾れるよう、しだれ桜です。

IMG_6160

まずは下図の転写。
転写が終わったら、絵の具の説明を聞いてもらいどんどん色に入っていきます!
IMG_6165

転写した下図を横に置き、形を確認しながら慎重に。
IMG_6168

みんな、すごい集中力・・・!
小さい作品とはいえ、ちょっと複雑でむずかしいかなと思っていたのですが、なんの心配もいりませんでした。黙々と作業に取り組むこと数時間。。。
IMG_6169

最後に桜の中心に紅をさして・・・
IMG_6170
完成!
みんな、最初こそ岩絵具の扱いに戸惑っていましたが、最後の方は自分なりに工夫をしてみたりと楽しんで制作してくれました。

IMG_6171

この作品はアドリブで舞い落ちる花びらまで描けました。素敵!
IMG_6158
制作の合間に、日本画ってなんだ?というお話と、日本画の素材についてのお話もしました。
日本画の素材についてはまた次回のブログで詳しく説明しようと思っています。お楽しみに〜。

そんなこんなで、ご盛況いただいたワークショップ1回目はとても楽しく終了致しました。
また春先などに開催される・・・かも・・・?なので、その時はまたお知らせいたします!
ではまた次回のブログで!


日本画 冬期終了、NewYearワークショップのお知らせ

こんにちは!日本画の佐々木です。

冬期講習もあっという間に過ぎ、気づけば大晦日です。
みんな今年は本当〜によく頑張りました。講師も生徒も全力でした・・・。
しばし休んで、年明けからの怒涛の入直に備えましょうね。もういっちょ、頑張ろうゼ。

さて、年明けなのですが、1/9に高校1、2年生対象のワークショップがあります!
なんとなんと、手ぶらで来るだけで「日本画体験」できちゃうんです。
基本的な日本画のプロセスは、下絵を本紙に転写、そこに彩色していくという流れ。

私の過去作を例にすると
このようなスケッチを用意して・・・img_1956

 

本紙に転写して
img_1970

色をつけていく。
img_2207

と、こんな感じで進んでいきます。
今回のワークショップでは、日本画の素材に触れて楽しんでもらいたいので、スケッチはこちらでご用意しております。描き上げたら春にお部屋に飾れるように、しだれ桜がモチーフ。
こんな感じのスケッチです(部分)
img_5793

細長い短冊サイズなので、素敵に仕上がります◎

当日は、日本画の絵の具の原料の話、筆の話、気になるお値段の話、そして、なぜ受験でデッサンと着彩をやらなくてはいけないのか・・・?まで。楽しく描きながら、日本画のなぜ?何?を楽しく学ぶことができます。
日本画ってね、水墨とか浮世絵だけじゃないんだよ。知ったら絶対やりたくなっちゃうよ。
日本画を受験しようと思っている人、日本画わからないから他に行こうと思ってるそこの人。ぜひぜひ来てみてね。

Processed with VSCO with f2 preset

実は既に日本画は定員間近というご好評っぷりですので、お早めのお申し込みをお勧めします。
ではみなさん、良いお年をお迎え下さい!


日本画科 ハッピーハロウィン★

こんにちは!日本画の佐々木です。
過ぎてしまいましたが、10月末はハロウィン・・・じゃなくて!シンビ日本画の公開コンクールでした〜。
今年は様々な予備校からたくさんの受験生に参加していただき、活気溢れる公開コンクールとなりました!一位はシンビの昼間部生でしたが、みんなそれぞれに良さがあり、これからの伸びしろを感じる結果でした。
シンビだけでなく各予備校でコンクールが行われているこの時期、はっきりとした数字で自分の順位が出て落ち込む・・・なんて事もあるかと思いますが、大丈夫。コンクールは試験ではないのですから。
私が芸大に合格した最後の年に受けた外部のコンクールでは、もはや順位もつかず、最後から二番目くらいのグループになったりしていました。でも、その時は特に落ち込みもせず、今回の絵はよくなかったからしょうがない、と、なんだか冷静に思っていたのを覚えています。
絵は必ずしも、8+2=10なんてならないもの。9できていても、1のミスで0になったりするのです。その逆も然り、ずーっと2だった人が、とある1に気づいたことで突然10になることだってあるのです。
でも、そうなるためには日々の不断の努力が不可欠。受験までまだまだ時間はあります。日々頑張って行きましょう〜!

・・・そうそう、もちろんハロウィンも楽しみましたよ!

img_5521
課題で!笑
後ろの壁についているフラッグガーランドのようなもの、実はシールになっていて、壁に直接貼ることができるのです。シールの配置はモチーフ係さんたちの愛嬌とセンスで貼ってもらったようです。セットごとに違う配置になっていたので、思わずふふっとなってしまいました。
モチーフ係さんたち、いつもありがとうございます。

描き終わった後はお待ちかねのトリートタイム。今年もこいつが現れました。今年は顔面がリバーシブル。
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%ef%bc%91

そんな10月も終わり、11月に突入です!