日別アーカイブ: 2016年5月19日


イベント満載の5月

デザイン総合の滝口です。
デザイン科昼間部では、総合コース、工芸コース、私大コースとの交流や合同デッサン/平面/立体課題や、校外授業など多彩なカリキュラムを1学期に行います。
1学期ならではの楽しい課題を通して、共に頑張る仲間との表現を通じた色々な刺激を与えあって行きます。

昨日は、デザイン科昼間部全科で、新木場の植物園の見学と葛西臨海公園での親睦会をしました。
5月の中旬にもなり少し新学期の新しい生活にも慣れて来て、より新美生活での仲間たちとの交流によって、共に頑張る気持ちや新しい科との出会いがあったと思います。

今日の総合コースの課題は、「デザイン・ディスカッション」ワークショップ。
総合コースで所有する沢山のデザイン書籍の中から、各自好きなデザイン作品を選び、それらをグループに分かれて意見を出し合います。自分が発見した視点やそのデザインの良さを、より深く分析して発見する事によって、今までよりももっと深くデザインについて考えたり理解出来たりしていきます。自分だけでなく、他の人の意見も聞く事によって、自分では発見出来なかった新しい視点も生まれると思います。
とっても充実した時間を過ごす事が出来ました。


その後、新美近くの初台オペラシティーギャラリーで開催されている写真展「ライアン・マッギンレー」展へと見学に行きました。
普段あまり目にする事が無いかもしれない写真の展示で、また見方や感じ方も違うと思いますが、みんな真剣に作品を見て、写真も撮れたので記録していったりして、1日でもデザインから写真、常設展示の絵画も含め、すごく密度の高い刺激になったと思います。


何と明日は新美の身近な「新宿」の街を歩いてみて、野外彫刻や都庁から見る東京の町並み、西新宿ビル群や新宿駅を見学して、実際に足を使って新しい視点を得て行く課題をします。それを元にして「新宿」をテーマとした色彩構成の課題をする予定です。

他にも私大との合同デッサン/平面課題や、工芸科との合同石膏デッサンレクチャーも5月から6月頭にかけて企画しています。
1学期にしっかりとした基礎力の習得と、発想を柔軟にしていく様々なイベント課題を通して、実りある時期へとして行きます!!
6月の梅雨時期に入ってしまうと、なかなか外に出れなくなりますからね。