月別アーカイブ: 2013年7月


夏期講習 前期が終了しました。

新宿美術学院 国立校 基礎科講師の武田です。

国立校の夏期講習 前期4日間が終了しました。
国立市近隣から、遠くは北海道まで、たくさんの未来のアーティスト達が
集まってくれました。
あっという間にみんな仲良くなったようで、ランチタイムはかなり賑やかでした。
楽しみながら技術を身に付けてほしいと思っていますから、それは大歓迎。
そして今回の講習で、自分の進む方向が少しでも見えてきてくれたのなら嬉しいです。

今回のモチーフ。
モチーフ

授業中は真剣です。
全体1 全体2

 

指導 ブログ3

前期、中期は美術の基本、デッサンの毎日です。
鉛筆か木炭のどちらかで描いていきますが、受験する学科によっても違ってきます。
まずはどちらが好きか、両方試してみるのもよいかもしれません。

鉛筆デッサン
鉛筆デッサン
鉛筆デッサン 拡大

木炭デッサン
木炭デッサン 木炭デッサン拡大

鉛筆で描いています。
鉛筆デッサン

木炭で描くと・・・。
木炭デッサン

中期講習も29日からスタートしました。
まだまだ募集中です。
お申し込みは国立校まで。
042-577-1117 (講習期間中 9:00~16:00  日曜・祝日休校)
夏季講習 パンフレット

 

 


夏期講習会

私立美大デザインコースの笹本です。

多摩美大グラフィックコースの作品を数点紹介します。

昨日のデッサン課題は、「1枚の鏡を持っている両手」でした。

まだ課題点は残っていますが、夏期講習会で最初の手のデッサンとしては、なかなか良い出来だと思います。(上:現役生、中:現役生、下:浪人生)

夏期講習

夏期講習

夏期講習

 

もうすぐ夏期講習会の折り返し地点です。しっかりと体調管理をして後半に臨みましょう!

 


夏期講習開始。実材実習の台座制作。

彫刻科の小川原です。夏期講習が始まりました。前期が終わり、中期に入ります。前期は8日間と短い期間ですが、多くの事を学べたんじゃないかなと思います。かなり力をつけてきましたが、まだまだこれからです。さらにグッと上達してもらえるよう、講師一同全力で指導していきますので、皆さんも負けずについてきて下さい!
前期では昼夜1人ずつ現役芸大生にデモンストレーションに入っていただきました。非常にレベルの高い作品を間近に見る事が出来て、生徒の皆さんも多いに刺激を受けた事と思います。こうした機会は滅多に無いことなので、このチャンスにしっかり見て感じ取って欲しいです。
前期昼間部のデッサンのデモンストレーション。T.Aさんの作品。
新井
強引になる事無く、的確に、計画的に、そして着実に探りを重ねていたのが印象的でした。特に今のみんなに必要なものの見方と言えるのではないでしょうか。あらゆる角度からモチーフを分析し、しっかり理解してから手を動かす。当たり前と言えばそれまでですが、意外と意識出来ていない人は多いんじゃないかなと思います。自分で形を割り切ってしまうのではなく、あくまでモチーフの魅力に素直に向き合う事は表現活動において基本中の基本であり、同時に最も難しい事であるとも言えます。この作品はどの部分を見ても簡単に済ませてしまったところは無く、深みがあります。さらにそれらが全体で響き合っている事が素晴らしいです。

前期夜間のデッサンのデモンストレーション。R.Iさんの作品。
今井
開始と同時にすぐに描き始めるのではなく、しばらくの間像を眺めて制作の計画を練っていたのが印象深かったです。画面の中に像をどのようにつくっていくのか、その最終的なビジョンがしっかりしている事でブレの無い制作工程を踏む事が出来ます。像のイメージをしっかり自分の中に落とし込めていれば、今描いている内容の中で印象を外している部分にすぐ気づけるし、直していく方向性も迷わず見つける事ができます。計る事に頼りすぎている(計る事は良い事だが、他の見方があまり出来ていない)人は、一旦狂いが生じると混乱して手が付けられなくなってしまうのではないでしょうか。また、割と合わせたつもりでも何となく似てない。という事も多いと思います。計って合わせるというのはあくまで補助的な方法論でしかないので、まずはモチーフの魅力を見切る目と、それをそのまま出力出来る腕を養う努力をする事、これが大切です。この作品は端々まで非常に触覚的に形を感じ取れる内容に仕上がっていて、具体的に形や空間がどうなっているのか、再現性の高い作品に仕上がっています。

中期以降も全部で8回のデモンストレーションを見る事が出来ます。見逃す事無く、役立ててもらえたらなと思います。
生徒の皆さんもかなり頑張ってくれて良い作品も多く見る事が出来ました。特に良かった2点を紹介します。
浪人生、K.S君の作品。
アバタ2
アバタのヴィーナスは小振りな作品ですが、動きが単純ではないので本当の意味で印象を引き出すのは非常に難しい像です。この作品はアゴからおでこまでの捻れの面展開がよく表現出来ています。全体のバランスや印象も良く、完成度もしっかり上げられました。自分で終わりを決めてしまうのではなく、最後までアバタを捉え続けた丁寧な探りに好感が持てます。今回はサイズの小さい像でしたが、大きなものになっても全体での印象合わせを怠らずに取り組んで欲しいです。

昼間部もう一人のK.S君の作品。
IMG_0720
全体に印象よくまとめられています。特にバルールに対する意識が高く、空間的なモチーフの魅力が上手く捉えられています。組み石膏では単体石膏デッサンに比べて形も色も確認しなければいけないポイントが非常に多くなります。しかしだからといって計り倒すように描き進めるのではなく、むしろ絵画的に、画面全体を包み込むように描写していく事が非常に重要になります。この作品ではそうした捉え方に着眼点を置く事で成功している事が沢山あります。逆に全体を大切にすればするほど一つ一つを具体的な形に置き換えていく事が難しくなり、客観的な構築性が不十分となって雰囲気に偏ってしまいがちです。この作品では特にマルスが形にし切れませんでした。まさにそれは「何を取るか」というジレンマであり、その時点での作者の技術と与えられた時間の中で、最大限良い作品にする為にいろいろな事を取捨選択した結果の産物であると言えます。

現役生K.Kさんの作品。組み石膏

特に現役生にとっては難しい課題だったんじゃないかなと思いますが、彼女は元々広い視野の持ち主で、高いバランス感覚も持ち合わせているのでブレる事なく持てる力を出し切って表現し切れたのだと思います。炭使いが独特で、深い味わいを出しています。単純に「絵」として魅力的に見えるのが素晴らしいです。浅いところで結論を出してしまうのではなく、魅力的なモチーフにひたすら素直に向き合った結果と言えます。欲を言えばマルスの頭部に明るさが足りないのと、背中の反射光部分に形がなくなってしまっている事が惜しいところです。

中期以降も生徒の皆さんの頑張りに期待しています!体力的にはとても負担が大きいところがあると思いますが、前向きに集中して取り組めばそれだけ実力もアップする事間違い無いです。体調管理には万全を期して、やりきった夏にして欲しいです。経験も、実力も、自信も身につける夏期講習にしましょう!

ところで彫刻科昼間部は1学期に実材実習ということでテラコッタの自刻像の制作をしました。1学期中に原型の制作と土の掻き出し、乾燥まで進めておき、夏期講習までの休みの間に台座の制作と窯で作品の焼成を行ったので紹介します。
窯は今回はガス窯を使用しました。8つあるバーナーを低いガス圧で順次点火していき、全部点火したら圧を上げていく事で温度を上昇させます。最終的には800℃まで温度を上げて、土を素焼きの状態に変化させます。
下の写真は窯内部の温度を示したものです。右が窯上部の温度。熱は上に上がるのでやや温度差が出ます。
800
温度が下がってから窯のフタを開けて作品を入れ替えます。作品数が多いので複数回に分けて焼成しました。
焼き上がり
台座は木かセメントで制作しました。まずはセメントでの台座づくりからです。セメントは建物などの基礎工事と同じように、型枠をつくってそこに詰める形を取りました。まずはコンパネ(裏側がコーティングしてあるもの)に型枠の寸法を書き入れて、電動丸鋸や手鋸でカットします。
線入れ
次は型枠の組立てです。ガムテープで繋げていくのですが、角に金折れを入れて直角を出します。
型枠
首像に差し込む心棒は最初から台座に埋め込む形をとりました。これをひっくり返してセメントを詰めます。
型枠2
セメント(モルタル)を水と混ぜて撹拌機で混ぜ合わせます。今回は最初からセメントと砂がバランスよく混ぜてあるドライモルタルを使用しました。水は多すぎても少な過ぎても良くないです。流すというより手でもって詰め込むくらいがいいです。
セメント
最後にモルタルを逆さにした型枠に詰めていきます。隙間が出来ないよう気をつけます。急激な乾燥を防ぐ為にビニール袋で養生して硬化を待ちます。
セメント2
次は木での台座づくりです。使う木は楠です。木彫用の素材として一般的なもので、僕の制作での余り物を使いました。
最初に材料に線を書き入れます。
線描く
次に希望のサイズより少し大きいサイズにチェーンソーで荒取りします。荒取り
実際のサイズを測り、面の基準を決めながら電気カンナで荒削りしていきます。削りすぎて量が足りなくならないように、全ての面が90°の関係になるように気をつけます。
線入れ2

カンナがけ
ほぼ電気カンナで形は作ってしまいます。その後ベルトサンダーで面を整えます。
ベルトサンダー
最後はランダムアクションサンダーやオービタルサンダーで仕上げます。
仕上げサンダー
心棒をさす為の穴をつくります。心棒は2x3の小割りを使うので四角い穴をあけます。まずは中心に2x3の四角を書き、ボール盤でその内側を穴だらけにします。
穴空け
穴だらけになった残りの部分を鑿で崩していきます。小割りがうまく差し込めるか確認しながら進めます。
鑿
基本は木地での仕上げですが、バーナーで焙って黒く木目を出した人もいました。
バーナー
台座も完成し、焼成も無事全員うまくいきました!2学期に作品の仕上げを入れてもらって完成になります。

たまにはこうして実際に作品がどのようにつくられているのか体験してみるのもいい経験になります。結構大変だったと思いますが、皆楽しかったんじゃないかな。また完成が楽しみです。最後まで自分の作品に責任を持つ事。作家のたまごとして、そこを学んでもらえたらなと思います。
完成


ー青森ー

油絵科 松田です

先日休みを利用し、青森県立美術館と、十和田私立現代美術館まで行ってみました。

青森県立美術館は三内丸山遺跡と隣接していて、15000年前の縄文遺跡と、現代の美術館が
同じエリアに結合しているというとても興味深い施設です。
ブログ用写真青森1

ブログ用写真青森6

美術館の一番広い部屋には、横9m 縦15m というシャガールの巨大な作品が3枚も飾ってあり、東京では味わうことの出来ない贅沢な空間を体験できました。
遺跡の展示部屋には完成度の高い土器や、それらの失敗作などが微笑ましく展示してあります。

ブログ用写真青森2

ブログ用写真青森11

ブログ用写真青森10

15000年前に作られた土器や遺跡を、現代の美術作品と同時間に体験しながら考えさせられる
良い場所でした。

次に向かった十和田市立現代美術館では、良質な現代美術作品が沢山見れます。

ロン・ミュエク 『スタンディング・ウーマン』
高さ4m、巨大なおばさまの立像ですね

キム・チャンギョム 『メモリー・イン・ザ・ミラー』
日常風景の映像の中に、実像と虚像が錯綜します

ハンス・オプ・デ・ビーク 『ロケーション(5)』
薄暗いドライブインの窓から果てしなく続く高速道路がリアルに
再現されています

スゥ・ドーホー 『ゴーズ・アンド・エフェクト』
数万体の樹脂人形が肩車の連続で天井から吊り下げられています

チームラボ 『生命は生命の力で生きている』
書を映像科し四季の中で生命の移り変わりを表現されています

その他に野外展示作品がありましたので画像を添付します(野外展示は撮影が可能でした)

ブログ用写真青森24

ブログ用写真青森25

ブログ用写真青森21

ブログ用写真青森18

ブログ用写真青森17

ブログ用写真青森19

ブログ用写真青森22

ブログ用写真青森23

以上は作品のほんの一部です。 興味のある方は、美術館のHPなど覗いてみてください。

時間の合間を縫って、趣味の山登りなんかを、、、
八甲田山周辺です。 自分の作品制作にとっての良い取材ができました。

ブログ用写真青森13

ブログ用写真青森14

ブログ用写真青森16

まだまだ暑い日が続きますが、皆さん体に気を付けながら夏期講習を楽しんで下さい。
ではまた次回に


映像科の夏期講習2013・予告編

こんにちは。映像科の森田です。
暑い日が続いたかと思えば突然の夕立に見舞われたりと、お天気に翻弄される日々ですね。さて、映像科の夏期講習は29日の月曜日から始まります。既に受講している人も、まだ迷ってる人(?)もいるかもしれませんが、今回は夏期講習の授業の内容を紹介しておきます。中期と後期を合わせて24日間の長丁場なので、しっかり体力をつけて乗り切りましょう!

●中期【EA】7/29~8/10 私立美大映像総合Ⅰ+推薦入試対策コース…
武蔵美や造形大、日芸の一般入試対策はもちろん、9月以降に各大学で行なわれるAO入試、自己推薦入試や公募制入試の対策もするコースです。推薦入試は学科や実技ではなく、これまでに制作した作品ファイルや、プレゼンテーション、面接などによって合否が決まります。そんなわけで中期の12日間には、映像実習(ショートムービー制作)や、プレゼンテーション課題、映像作品研究などを行ないます。実際に撮影や編集をして映像作品を作るとともに、映像についての自分の考え(どうして映像を志望したのか?映像で何を表現したいのか?など)きちんと言葉で伝えられるようにしておきましょう、という内容です。ちなみに映像実習はグループで行なうのですが、毎年この実習を通じて内部生外部生関係なく、他の学生の面白い趣味や意外な一面が垣間みられることで、交流が生まれることもあるとか。入試の対策でありつつ楽しんで受講してもらいたいです。

summer_eizo002
(2012年の夏期講習から/新宿御苑にて映像実習の撮影風景)

●後期【EB】8/12~8/24 私立美大映像総合Ⅱ+一般入試特訓コース…
後期も引き続き武蔵美を中心とした一般入試の対策を行ないます。武蔵美の感覚テストや造形大の構想表現、そして各大学の小論文の対策にも力を入れています。映像の試験の評価のポイントが他の専攻と違ってわかりづらい!教えてくれ!という人は今からでも間に合いますので、ぜひこちらのコースへ。ちなみにこの後期の期間に武蔵美映像学科の教授にお越しいただいて、進学相談会・特別編を行なう予定です。映像学科の授業の紹介や、入試(一般/推薦)についての質問コーナーなど、オープンキャンパスではタイミングが合わず聞けなかった人も、ここでしっかり聞いちゃいましょう。そして後期の最後にはコンクール(実技の模擬試験)もあります。実技試験独特の緊張感にも少しずつ慣れてくださいね。

summer_eizo003
(2012年の夏期講習から/去年も開催した進学相談会の様子)

◎おまけ
夏期講習の授業の中では、古今東西色々な映像作品の紹介もします。少し前ならばなかなか観られなかったような映像作品も今はネットで簡単に観られるようになったこと思うと……感慨深いですが(高価なDVD買ったことなど)、それはさておき今回は映像科の学生そして美大受験生ならば知っておきたい、基本の短編映像をいくつか紹介します。

○『Powers of Ten/パワーズ・オブ・テン』チャールズ&レイ・イームズ(1968,1977年)
椅子のデザインで有名なイームズ夫妻は映像作品も制作しています。自邸のポートレート的映像『House』やアスファルトに水が流れる様子を淡々と映した『Blacktop』などおすすめはたくさんありますが、一番有名なのはこの『Powers of Ten』だと思います。日常的な光景からズーム・イン/アウトだけで全く未知の光景を見せてしまう8分間。

○『事の次第』フィッシュリ&ヴァイス(1987年)
写真や立体作品も制作しているペーター・フィッシュリとダヴィッド・ヴァイスによる映像作品。セリフも音楽もなく、物の動きや現象だけが写されています。約30年前の作品ですが、あまりにも有名な作品なので、この作品からインスパイアされた映像を見たことがある人もいると思います。そういう意味でもぜひオリジナルを観ておきましょう。

○『谷川俊太郎&寺山修司ビデオレター』より(1982年)
詩人の谷川俊太郎と映画や舞台などの制作をしていた寺山修司は、かつて16回にわたってビデオレター(身の回りのものを日記的に撮影して送り合う)を行なっていたのですが、これはその中の谷川俊太郎が寺山修司に送った映像です。自分の持ち物を「これは私の〇〇です」という端的な言葉とともに写した映像からは、映像と言葉の関係について、など色々考えることができます。

*講習では映画などの長編も紹介しますが、今回はさわりだけということで。続きは夏期講習の教室で!